2020年6月24日におけるストップ高銘柄と詳細

    

2020年6月24日におけるストップ高銘柄と詳細です(全11銘柄)。

チャートと一緒に

  1. 時価総額
  2. 市場
  3. 理由
  4. コメント

を載せています。

※買い推奨ではなく発表されている情報のまとめです。売買は自己判断でお願いします。

7047 ポート

  1. 152億円
  2. マザーズ
  3. 21年3月期第1四半期(4~6月)のキャリア領域における会員数と顧客契約数が前年比較93%上昇
  4. 2018年12月IPO。就職活動、カードローンの2分野を軸にネットメディアを運営。新型コロナウイルスに伴う自粛解禁後に向け、オンライン就活に対応する「リクサポ-Online」を立ち上げたほか、オンライン上での就活対策に向けたコンテンツ投資、オンライン商談による顧客基盤の拡充を実施。上場来高値を目指す流れ。立て続けに材料発表中。

6026 GMOTECH(2連)

  1. 34億円 ⇒ 41億円(本日)
  2. マザーズ
  3. 20年12月期第1Qの営業利益は前年同期比で2.14倍に
  4. GMO子会社、検索エンジン最適化とアフィ広告が主。3・4・5日もスト高だった。

3316 東京日産コンピューター

  1. 38億円
  2. JASDAQ
  3. 不明
  4. 東京日産自動車から分社化したソリューションプロバイダー。クラウドによる課金事業展開。出来高急増で噴火、直近高値690円。

6563 みらいワークス

  1. 38億円
  2. マザーズ
  3. 不明
  4. 企業とフリーのコンサルタントのマッチングサービスを運営。5月29日に星野リゾートらと宿泊施設を対象としたファンド発表。長期線を上抜けては沈む動きを繰り返すが今回はどうなるか。

3814 アルファクスフードシステム

  1. 18億円
  2. JASDAQ
  3. 不明(マイナンバー関連?)
  4. 外食向けASPサービス展開、POSや注文装置などのシステム機器も。不適切会計2月発覚。中期線超え。

7992 セーラー万年筆

  1. 28億円
  2. 二部
  3. プラスを割当先とした20億円のCB発行
  4. 万年筆の老舗企業。寄らず。潜在株式数は1500万超え、希薄化率は102.84%。希薄化以上に財務安定化を評価。

2970 グッドライフカンパニー(2連)

  1. 44億円 ⇒ 56億円(本日
  2. JASDAQ
  3. 不明
  4. 投資用新築1棟マンション軸に不動産マネジメント事業展開。自社株買いも発表。業績上昇傾向。2018年12月IPO、上昇トレンド、上場来高値1466.7円。

3633 GMOペパボ

  1. 201億円
  2. 二部
  3. 不明
  4. 個人向けレンタルサーバーやネット店舗支援柱。ハンドメイド品フリマアプリ「ミンネ」に注力。18日にはネットショップ作成サービス「カラーミーショップbyGMOペパボ」の5月の流通額が4月に続き前年同月比1.7倍になったことを発表。4200円付近に高値あり。

6955 FDK

  1. 295億円
  2. 二部
  3. SMD対応小型全固体電池SoLiCellの年内量産開始を決定
  4. 富士通傘下。民生用ニッケル水素電池が主軸。今年度中に月30万個規模の生産体制を整備し、22年度には月200万個規模とする計画。高耐久性が求められるアプリにも使用可能。長らく下降トレンド。

3753 フライトホールディングス

  1. 83億円
  2. 二部
  3. マイナンバーカードの読取に対応した新次世代型マルチ決済装置「Incredist Premium II」の発表
  4. ITコンサルや開発。モバイル型電子決済端末や決済アプリを展開。19年赤字。1000円を超えると跳ね返される傾向?

6550 FRINGE81

  1. 76億円
  2. マザーズ
  3. 経産省のIT支援事業者対象ツールに認定
  4. ネット広告代理、メディア収益支援で成長した会社。従業員同士の相互評価サービス「ユニポス」育成。直近は1000円上に高値。出来高急増で戻せるか。
    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク