2020年6月29日のストップ高銘柄と詳細

2020年6月29日におけるストップ高銘柄と詳細

    

2020年6月29日におけるストップ高銘柄と詳細です(全12銘柄)。

チャートと一緒に

  1. 時価総額
  2. 市場
  3. 理由
  4. コメント

を載せています。

※買い推奨ではなく発表されている情報のまとめです。売買は自己判断でお願いします。

6942 ソフィアホールディングス

  1. 38億円
  2. JASDAQ
  3. 不明
  4. IP電話の通信、調剤薬局事業の2本柱で再構築中。黒字転換から増益傾向。最近の日足勢い良し。

2586 フルッタフルッタ(3連)

  1. 10億円 ⇒ 14億円 ⇒18億円(本日)
  2. マザーズ
  3. アサイー注文増加で新規受注を一時停止
  4. アサイーをはじめとするアマゾンフルーツ飲料や冷凍食品をスーパーやコンビニに販売。万年赤字株だが6月下旬目途に有価証券報告書を関東財務局に提出して解消する予定と4月に発表済み。まだまだ時価総額小さい。

参照:アサイーで免疫向上!?フルッタフルッタは株価暴落から反転を目指す!

3998 すららネット

  1. 249億円
  2. マザーズ
  3. 5:1の分売実施
  4. 低学力の子供にも適応するオンライン学習教材を提供。上昇トレンド継続中だが分売後にどうなるか。

4335 アイ・ピー・エス

  1. 22億円
  2. JASDAQ
  3. 最新デジタル技術の導入短縮化と業務品質向上を支援する標準ソリューションモデル「EasyOne Trading」の提供を開始
  4. 関西基盤に企業向け情報システム開発。SAPのERPを中心に販売。V字回復中。

SAPジャパン(東京都千代田区)の承認を受け、準大手及び中堅企業の基幹システム(ERP)や人工知能(AI)などの最新デジタル技術の導入短縮化と業務品質向上を支援する標準ソリューションモデル「EasyOne Trading」の提供を開始したと発表。これが株価を刺激したようだ。

「EasyOne Trading」は、IPSが20年以上かけてさまざまな総合商社、専門商社や卸業の顧客から学んだノウハウを実装し、統制の準拠や情報の統合性を崩さずに、多様できめ細やかな商社の仕事の実現を可能にした、安全・簡単なシステムの導入と活用コンサルティングサービスをパッケージングしたオールインワンのパッケージ。システム活用の実現性・安全性・経済性を飛躍的に高めるほか、導入プロジェクトをプログラム作りから活用による付加価値捻出に進化させているという。

参照:IPSはS高、標準ソリューションモデル「EasyOne Trading」提供開始

6189 グローバルキッズ

  1. 61億円
  2. 東一
  3. 不明
  4. 首都圏軸に保育所展開。今期進捗良さげ。長期下降トレンドだがストップ高で長期線上に?

4784 GMOアドパートナーズ(3連)

  1. 85億円 ⇒ 102億円 ⇒ 119億円(本日)
  2. JASDAQ
  3. GMO関連
  4. 総合ネット広告代理業が柱。大株主GMOアドホールディングス、GMOインターネット。中期線サポート。11日取引終了後に発表した20年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比2.8倍に急拡大。通期計画をすでに上回る。大幅下落からのスト高。

7095 MACBEEPLANET(2連)

  1. 146億円 ⇒ 168億円(本日)
  2. マザーズ
  3. 好決算
  4. 2020年3月IPO。Web広告のデータ分析や管理システム「ハニカム」展開。6月16・18日もスト高。20年4月期営業利益は前期比88.5%増。上場来高値4875円を超えた。

7537 丸文(2連)

  1. 155億円 ⇒ 183億円(本日)
  2. 東一
  3. 米国のワイヤレス給電技術ライセンス提供サービス開始
  4. 独立系の外国製半導体商社。革新的な無線給電技術を持つオシア社と戦略的パートナーシップを締結。ケーブル接続や充電パッドが不要かつ複数デバイスに電力供給が可能。IoT技術に応用。

9360 鈴与シンワート

  1. 29億円
  2. 二部
  3. 不明
  4. 鈴与グループ、物流とSIの2本柱。NTTデータ2次請け開発。NTTデータの実証実験には関係ない?チャートは不人気ながらもじわじわと上げていたらしい。

9835 ジュンテンドー

  1. 51億円
  2. 二部
  3. 業績予想を大幅上方修正
  4. 中国地方トップシェアのホームセンター。上場来高値1140円。通期予想を4億円から9.5億円に。新型コロナによって感染予防関連や園芸などが伸びた。

3359 cotta

  1. 79億円
  2. マザーズ
  3. 20年9月期の営業利益を従来予想の0.19億円から1.88億円(前期実績3.17億円)に上方修正
  4. 和洋菓子店や弁当店に放送市税や食材を小ロットで通信販売。新型コロナウイルスで需要拡大、通販サイトの第3四半期売上高が前年比約70%増。チャート安定上昇からスト高へ。

1436 フィット

  1. 31億円
  2. マザーズ
  3. 21年4月期の営業利益予想を前期比39.3%増加の黒字予想
  4. 投資家向けコンパクトソーラー発電所が柱。直近高値786円を超えたい。
    

2020年6月29日のストップ高銘柄と詳細
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク