「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

FXはいくらから始めるべき?具体的な理由を説明します!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

FXを始めたての方でよくあるのが株と同じくらいの大きな金額を用意して、それに巨大なレバレッジをかけて取引をしてしまうというパターンです。

すると大抵は買えるだけ買うようなトレードを繰り返した挙げ句に巨大レバレッジによる追証、そしてFX市場からの退場・・・という流れになります。

先の記事でも申し上げた通り、FXにおいて大きなレバレッジがかけられることはメリットです。初心者はそのメリットを活かせるように最適な資金量で始めて、徐々に大きなトレードをこなしていくことがステップアップとしてとても重要です。

この記事ではFXを始めるための最適な資金量について解説しました。

FXの特徴をふまえながら具体的な理由を説明し、初心者に最適な証券会社を紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

FXはいくらから始めるべき?

まず結論から言うとFX初心者が必要とする資金量は10万円です。これ以上でも以下でもなく10万円から始めてください。理由は以下の通りです。

  1. 無理なレバレッジをかけて大損しないため
  2. 適切な資金管理やロット管理を学ぶ最低限のライン
  3. トレードの感覚を精神的な苦痛のない範囲で覚えられる

ではひとつずつ解説します。

無理なレバレッジをかけて大損しないため

FXは株と違いかなり大きな範囲でレバレッジ調整ができます。なんと最大25倍までです。レバレッジについては別記事で詳しく説明しますが、簡単に言うとFX口座に入金したお金を担保に任意の範囲まで底上げした資金を運用できるようになるのです。

例えば資金10万円でレバレッジ10倍とするなら100万円分のトレードができるようになるということですね。

これは米ドル円が100円の場合、1万通貨保有できる資金量です。すなわち米ドル円が0.1円動けば1000円の損益が発生する計算です。

しかし、これが資金100万円でレバレッジ10倍となると同じ条件の場合は損益が単純に10倍ですので0.1円動くと1万円の損益となります。

FXの怖いところはここなんです。

同じレバレッジ範囲でも資金量によって大きく損益が違ってしまう。

それなら資金を10倍にしてレバレッジをかけなければいいじゃないかと思いますか?断言しますが初心者さんがそんなことを考えながらトレードをうまくやるのは無理です。

それに少し慣れてくると調子に乗って大きなトレードを始めてしまうケースも考えられますので、そもそも大きなトレードができない資金量にしておくことが重要なポイントなんですね。

資金10万なら最大レバレッジでも大した量のトレードはできませんから安心です。レバレッジについてはこちらの記事を参考にしてください。

www.higedura24.com

適切な資金管理やロット管理を学ぶ最低限のライン

初心者の最初のゴール設定として

米ドル円で適切な余力管理のもと1000通貨単位でポジションを取っていき、1万通貨やそれに近い通貨数を保有する

というものがあります。例えば、米ドル円が110円だとしましょう。

110円を1万通貨なので必要な資金は110万円です。これは資金10万円の人であればレバレッジ11倍の範囲。

先程紹介したレバレッジ記事で解説している適切なレバレッジ範囲内です。

これが資金5万円になってしまうと資金半分のレバレッジ倍になる計算ですから、22倍のレバレッジとなってしまいます。22倍のレバレッジは適切な範囲を超えていますので1万通貨保有することは難しいですね。

このように、資金10万円というラインは無理のない適切なレバレッジ範囲で初心者がまず目指すべきトレード規模を実現するためにちょうどいい資金量なのです。

資金管理やロット管理についてはこちらの記事を参考にしてください。

www.higedura24.com

トレードの感覚を精神的な苦痛のない範囲で覚えられる

先ほど、初心者がまず目指すべきトレードは米ドル円を1万通貨保有する規模のトレードだと言いました。

これはスイングトレードとして保有する通貨量であれば割と大きな額だと思います。なぜなら例えば1週間で米ドル円が1円以上動く可能性は大いにありえるからです。

1万通貨で1円動くと1万円の損益ですからね。

資金の10%が増減するのはとても大きなことです。

ですが、デイトレードとして保有するのであれば初心者でも許容できる範囲かと思います。なぜならばデイトレード目的で数分から数時間保有するだけなら日中値動きで1円動くことは稀だからです。

1円動くこともありますが毎日毎日そんな短時間で動くなんてことはないですね。通常のデイトレの感覚であれば0.1円でも大きな値動きですし、よほど大きく動いてもせいぜい数時間で0.1円から0.5円前後です。

これならかなり大きく見積もっても5000円の損益。

f:id:higedura:20181225230613p:plain

トレードに慣れて、基本的なテクニックが備わっている方であれば大多数の方は精神的に対応できる範囲のトレードですよね。

これが無駄に資金量が多いと、この何倍ものお金が動くトレードとなってしまうのでメンタルがとても追いつかない・・・冷静な判断ができない・・・ということになってしまうわけです。

10万円ってのは少ないようで非常にちょうどいい資金量なんですよ?

FX初心者に最適な証券会社

初心者さんがまず目指すべきゴールは米ドル円の1万通貨トレードだと言いましたが、もちろんこれはトレード練習を積んだ上での最初のゴールです。

トレードの基本を学びながら最終的には10000通貨単位で買い増しを行っていくトレードになるのであって、最初からそんなことをしろなんて無理です。

そこで登場するのが初心者に最も最適な証券会社であるLIGHT FX

現状の1000通貨単位の取引ができる証券会社の中で最もおすすめできる証券会社です。場合によってはLIGHT FXだけ口座開設しておいても良いくらい。

私はLIGHT FXのめちゃくちゃ使いやすく高機能な取引ツールがかなり気に入っており、リリースされてすぐに乗り換えました。

詳細はこちらの記事にまとめてありますのでぜひ参考にしてみてください。

www.higedura24.com

ちなみに乗り換えてトレードしまくっていたらタイアップキャンペーンをしませんかとお声がけいただきました。

最大53000円のキャッシュバックキャンペーンしてもらえるのでご活用ください。

【当サイト】ひげづらの明日やろうはバカ野郎【限定】

LIGHT FX

まとめ

いかがでしたか?今回はFXを始めるなら10万円が最適な資金量だと解説しました。無理のない範囲でひとつずつステップアップするためには10万円というラインが最適です。

間違っても100万円入れて最初からガンガン取引してやる!といった愚行は犯さないようにしましょうね!それではまた!

    
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク

FXいくらからの最新記事8件