「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

ひげづらメソッドで成功への近道を一直線だっ!!

    

どうも、ひげづらです。

日頃より多くの方にブログやTwitterでお世話になり感謝申し上げます。

また、Twitter開始からフォロワーさんも8000人を超え、嬉しく思うとともにできるだけフォロワーさんのご要望には応えていきたいなと考えています。

このブログが広まるにつれてフォロワーや読者の方々から色々なご要望やご質問を頂いています。その中で、

  1. 重複する質問が多い
  2. TwitterのコメントやDMで全てにお答えすることは難しい
  3. サロンやnoteなどのコンテンツを出してほしい

といった背景や要望を受けて、この度「ひげづらメソッド」を配信する運びとなりました。

リリース後には通算で、700名近い方々にご購入いただき誠に光栄です。

また、ご購入者の方々から続編のご要望をたくさんいただき嬉しく思うと同時に、せっかく配信するならご納得頂けるものを配信しなくては!と身が引き締まりました。

このページには配信済み・配信予定のひげづらメソッドの情報を載せています。

ブログでは書かないノウハウや重要概念を今後も配信していきますのでぜひチェックしてみてくださいね!

ひげづらメソッド

ひげづらメソッドはこちらから。(PDF配信)

登録なしでも購入可能です。

higedura24.stores.jp

※すでに配信済み・今後配信予定のひげづらメソッドは以下を御覧ください。

第1弾:【最強の株テキスト】ひげづらメソッド24

最も売れているメソッドです。数え切れないほどの本を読んだ私が考える、株で勝つための重要概念

  1. A4用紙860枚オーバー
  2. 40万字オーバー
  3. 実際のチャートや図をふんだんに盛り込んで解説
  4. ブログ記事+非公開ノウハウ
  5. カテゴリー別の重要知識をわかりやすい順番で解説
  6. ひげづらメソッド第2弾・第3弾も付録で追加

という特徴のもと知識を凝縮したメソッドです。

もっともわかりやすく、株に必要な知識をこれでもかと盛り込んだ最強テキストと自負しております。

実際にご購入者の方々からも

  1. 今まで読んだ本の中で一番わかりやすく納得できた
  2. 本当に具体的な手法が書かれていてとても勉強になった
  3. 自分のやっていたことが適当すぎると気づけた
  4. もやもやがスッキリしてやるべきことが明確になった
  5. 本当に1回のトレードで元が取れて感動した

などなど多くの感想をいただき、ネガティブなものはひとつもありませんでした。質問も2,3個出たのみで多くの方に納得いただけたと自負しております!

読めばわかる、という言葉がぴったりです。詳細な内容は以下。

<目次>

はじめに

第1章 株式投資を始める前の基礎知識

株式投資の目的を考える

株式投資の概要と4つの利益と3つのリスク

株における資金管理

コツコツドカンを避けるためには

株の本質的な価値は何で決まるのか

証券取引所と市場の種類

株式市場に参加する投資家の種類

どんなスタイルで株式投資を行うのか考える

株式投資で重要な指数の種類

時間帯別の値動き特徴

株の注文方法

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いと使い分け

保有継続の判断

株価と天気の関係から値動きの本質を考える

業種(セクター)の考え方

景気敏感株と内需株とは

株価変動要因で代表的なもの

株式投資の情報収集方法

決算発表時に保有するべきかどうか

株式投資とメンタル

株を売るときに陥りやすい心理状況

株を売買したら記録をつけよう!

株は損している人ほど確定申告が必要

第2章 株と地合い

株に関係する経済指標

外国人投資家の売買動向

値上がり・値下がり銘柄数と騰落レシオ

新高値・新安値銘柄数と相場の勢い

恐怖指数(VIX指数)と日経VIで市場センチメントを知る

日経平均PERで日経平均の割安度は測れない

信用評価損益率で需給状況を知る

空売り比率で市場心理の強弱を測る

日経平均連動銘柄の値動きは日経平均の方向性を読めばわかる

配当および優待権利落ち日の日経平均

第3章 テクニカル分析

チャート分析の3原則

地合いと材料とテクニカル分析の関係性

チャートの基本的な見方

値動きは3つに区別できる

トレードのコツ

順張りと逆張りの使い分け

トレンド初動で起きる内部変化

安値高値は値動きの転換点

安値高値ラインはゴム紐のイメージを持つ

上位時間足の高値で利確するメリット

横ばいや保ち合いの重要性

ボックス理論とは

ブレイクアウト手法とは

高値更新時に見られる値動き

窓開け窓埋めとは

エントリーの基本的な考え方

損切りの基本的な考え方

反転上昇時のエントリーポイント

逆張りエントリーポイント

押し目買いの基本概念

押し目買いのコツ

押し目買いの基本形

押し目買いの具体例:急騰後の押し目

押し目買いの具体例:中期線サポート

グランビルの法則でデイ&スイングを併用する方法

トレンドラインの引き方とフォーメーション分析

株価アラートの実践的な活用方法

ふるい落としの考え方

歩み値と板読みの基本

出来高分析の基本

出来高とローソク足で流れを読む

出来高分析で天井圏と底値圏を判断する方法

株価反転時の出来高分析

出来高を多く伴った安値を割り込んではいけない理由

出来高の先見性

価格帯別出来高の考え方

出来高移動平均線の考え方

VWAPとは

ローソク足の基本

高値圏で出ると危険なローソク足

ローソク足で押し目を察知する方法

長いひげに対する2つの考え方

強い上昇時に見られる値動き

包み線とはらみ線の基本

包み線とはらみ線が連続したら考えること

ローソク足と出来高の6ポイント確認

ボックス安値におけるローソク足を根拠にエントリー

株価反転時に出るアイランドリバーサル

移動平均線の基本的な考え方

移動平均線のゴールデンクロスに対する解釈

利益確定目安

トレーリングストップで利益を伸ばす

分割決済で利益を伸ばす

MACDの基本

ボリンジャーバンドの基本

MACDとボリンジャーバンド併用トレード

RCIの基本

空売りの基本

レラティブストレングスの考え方を意識する

第4章 ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析を大別する

<割安性>

PERとPBR

PSR(株価株価売買高倍率)

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

EV/EBITDA倍率

<収益性>

ROEとROA

ROIC

売上高営業利益率

売上債権回転率

棚卸資産回転率

<財務安全性>

利益剰余金対有利子負債比率

キャッシュフロー対有利子負債比率

インタレストカバレッジレシオ

決算短信と財務三表

損益計算書

貸借対照表

キャッシュフロー計算書

第5章 銘柄スクリーニング

良い銘柄の基本条件

ランキング機能を活用してデイトレ銘柄を簡単にスクリーニング

前場中盤~後場に狙えるデイトレ銘柄をスクリーニング

大型株かつデイトレ向きの銘柄で固定リストを作成する

超簡易的にスイング銘柄をスクリーニング

CANSLIMでスイング~中長期銘柄をスクリーニング

上昇初動銘柄を簡易的に見つける方法

これから上がる株を見つける方法

地合いにあったリスクの銘柄を探す方法

テーマ株を探す方法

第6章 長期投資

高配当株の銘柄選択ポイント

高配当株の売り時

高配当な景気敏感株について

高配当な新興株について

(平均)配当性向と増配の関係

配当と自社株買いの共通点

高配当株を簡単にスクリーニングする方法

ダウの犬戦略とは

大型株を長期保有するコツ

上場型REITについて

第7章 テクニカル分析の付録

保ち合いの極意

ローソク足の極意

おわりに

第2弾:「保ち合いの極意 ~相場をつなぐ架け橋~」

みなさんは株価を上がったか下がったかだけでしか考えていませんか?

相場を育てるために重要な概念である「保ち合い」について実際のチャートや図をふんだんに盛り込んでテーマ性を持って解説しました。

章は少ないですが文字数や図説はボリューム満点なので必ず満足いく「質・量」です。詳細な内容は以下。

<目次>

1. 保ち合いの本質

2.トレンド中のもみ合いと反対圧力消化の流れ

3.三角保ち合いと見抜き方

4.ヒゲと保ち合い

5.需給が整っている値動きの特徴(需要と供給の保ち合いバランス)

第3弾:「ローソク足の極意~相場の転換を感じ取る絶対的要素~」

このメソッドに書いたローソク足についてのノウハウを知らずにどうやって相場の変化を読み取るのか?というくらい基本中の基本かつ重要な内容です。

誰しもが使ってるローソク足についての極意なので誰にでも役に立つメソッドです。しかも安い。

様々な相談を聞いてきましたが、株価が上がった下がったしか考えずローソク足を見ていない人が多すぎる!

基本的なローソク足の意味を知るとこんなことがわかるんですよ、ということを実際のチャートをふんだんに活用して解説しています。値動きにいつもワンテンポ遅れてしまう・・・という方はぜひ読んでください。判断が早くなります。

<目次>

1.はじめに
2.これだけ覚えろ!重要ローソク足と基本解釈!
  2-1 丸坊主系(丸坊主、寄りつき坊主、大引け坊主)
  2-2 トンカチ系(陽のトンカチ、陰のトンカチ)
  2-3 カラカサ系(陽のカラカサ、陰のカラカサ、第2のトンカチ)
  2-4 十字線系(十字線、足長同時線、コマ)
3.重要ローソク足で安値圏のトレンド転換・強化を読め!
4.重要ローソク足で高値圏のトレンド転換・強化を読め!
5.リスク低減!ローソク足と移動平均線で流れを区切ろう!
6.おわりに
<巻末付録>
重要ローソク足一覧表と解釈早見表

第4弾:「急騰銘柄の対応パターン極意」

このメソッドでは私が急騰後の反発を取る際に活用している対応パターンをA4用紙約70枚にまとめたものです。

  1. 急騰銘柄の対応で大事なこと
  2. 対応パターンの詳細解説
  3. 対応パターンの本質

について実際のチャート例を丁寧に解説しています。私がスイングやデイトレで考えている内容を書き記しましたのでぜひ参考にしていただければと思います。

目次はあえて載せません。また、諸事情によりSTORESのみでのリリースとなっておりますのでご了承ください。

※STORESは登録なしでお求め頂けます。

ひげづらメソッドはこちらから。(PDF配信)

登録なしでも購入可能です。

higedura24.stores.jp

    
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク