「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

note始めます!ひげづらメソッドで成功への近道を進め!!

    

どうも、ひげづらです。

Twitterで要望の多かったnoteをついに配信しましたのでお知らせします!

<ひげづらnoteはこちらから!>

note.mu

noteについての詳細や内容は以下!

追記)新しくSTORESというサービスを活用してPDF配信も始めました。続編など含めた情報はこちらの記事から。

www.higedura24.com

noteとは

そもそもみなさんはnoteというサービスをご存知ですか?

noteとは

「自分の持つ知識やノウハウをテキストや動画、音声、画像などの形で自由に発信できる新しい電子媒体発信サービス」

だと私は考えています。これによって

  1. 小説家になるのが夢だったけど諦めた人がnoteを通じて短編小説を配信できどの出版社にも所属せずにプロ小説家としてファンを獲得!
  2. 写真家が夢だけどいまいち踏み切れない人が自分の写真集を配信してプロに転向する自信が得られた!
  3. ラジオパーソナリティになってみたいけど今更なれないしyoutube気が引ける・・・という人がnoteの音声配信で自分だけのラジオ局を開設!

といった今まではプロとしてしかできなかったようなことがもっと手軽にできるようになり働き方の多様化として新しい手段が生まれました。

配信する側は自分が持っている知識をいかんなく発揮して社会貢献できるという満足感と新しい働き方を得ることができましたし、受け手側も無名・有名に限らずその人が持っている素晴らしい知識や技術を簡単に得ることが出来るので効率的にノウハウを手に入れられるようになりました!

noteを始めるには

配信側も受信側も始めるのは至って簡単で、しかも無料です。

Twitterと同じように無料登録してフォローするだけで気になる人の配信情報が手に入るようになります。

受信するだけであれば配信者さんの設定にもよりますが無料登録すらしなくてもnoteを手に入れることも可能です。

無料ですし特にnote側から色々通知がくるわけではないので登録だけでもしておいて損はないですね。

私は結構前から登録してTwitterで気になる方の配信がないか定期的に調べています。

今の時代だからこそ、自分がすごいと思える方のノウハウが簡単に手に入って自分の能力アップの近道となるのに利用しない手はないですから。

なぜnoteを始めようと思ったのか

私がなぜnoteを配信しようと思ったのかというと

単純にリクエストが多かったから

の一言に尽きます。

Twitterを始めて2ヶ月くらいでありがたいことにフォロワーさんが2200人を超えました。

そしてコメント欄やDMで色々な質問をもらい答えることも多く、ブログの記事の出し方も考えていかないといけないかなぁと思っていたところnoteやLINE@のリクエストも増えていきました。

こんだけ需要があるのであれば自分のノウハウで良ければいくらでもあげますよってことでとりあえずnoteの配信を決意したというわけです。

無料の情報発信はブログで行ってますし、後々もしかしたらLINE@などのツールも導入するかもしれませんからnoteでは有料で配信します。

ただし、ブログとの差別化としてnoteにしか書かない詳細なノウハウの内容や解説、質問を受けてのnoteの更新を行いますから安心して下さい。

また、noteの購入代金は株1回の取引で使う資金の1%程度なので十分回収できる金額です。

noteの内容は今までのブログ記事でおわかり頂けるように多くの人にわかりやすく役立つような内容を体系的に順を追って説明しています。

ちなみに予告的に内容を公開するとこんな内容です。

1.はじめに
2.投資の目的とリスク設定
3.株式の資産性質
4.株で運用する資金とメンタル
5.FXと株の違い
6.時間軸から考える投資スタイル
7.市場参加者とエントリー
7-1 市場における機関投資家の役割
7-2 順張りと逆張り
7-3 トレードにおけるリスク管理
7-4 チャートで見る機関の動きや低リスクエントリーポイント
8.投資するに値する銘柄条件と銘柄スクリーニング方法
8-1 投資するに値する銘柄
8-2 銘柄スクリーニング方法【完全版】
9.テクニカル分析とファンダメンタル分析
10.テクニカル分析の王様と女王様
11.習得するべきテクニカル分析
12.トレンドと株価フェーズと値動きの周期
13.エントリーポイントおよびロスカットとエントリー優先度
13-1 エントリーポイント【完全版】
13-2 時間軸とひげづらスペシャル
13-3 エントリーポイント別の優先度
14.買い増しについて
15.継続の判断基準
15-1 なぜその株を買ったのかを明確にしよう
15-2 売買をやめるケース
16.株を買う前にはこんな風に悩んでいる
17.トレード日誌について
18.ファンダと株価の関係
19.決算発表と値動き
20.外国人投資家について
21.メンタルコントロール
22.大型株と中小型株
23.空売りについて
24.最後に

長々と書きすぎてもちゃんと読んでもらえないかなと思ったので最終的には4.5万字くらいに校正しました。

自分の投資が不安な方、もっとうまくやりたい方向けに最低限知っておいてもらいたい内容+αを様々な実例を盛り込んで解説していますので気になった方はぜひ読んでみて頂けたら幸いです。

noteのURLと私のページのURLを添付しておきますので興味のある方は遊びに来て下さいね!

note : note ――つくる、つながる、とどける。

ひげづらページ : https://note.mu/higedura24

まとめ

いかがでしたか?今回はnoteについてのご紹介と私のnote配信の告知をさせて頂きました。noteは現代におけるノウハウ交換の場として多くの方が活用しています。

自分の成功の近道となりますからぜひあなたも活用してみてはいかがでしょうか!

それではまた!

    
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク