ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

アジャイルメディアは考察通りすぐ反発が来ましたね!ただ出来高少ない!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

さて、今回は何かと話題になっているアジャイルメディア・ネットワーク【6573】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

f:id:higedura:20190307161217p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

アジャイルメディアの5分足チャート

f:id:higedura:20190311154131p:plain

 

 

前回考察ではまた反発するので反発したら値幅取りすると言及しました。

 

本日は考察通りすぐ反発したので値幅取りをしました。

 

値動きとしては寄り付き後に何度か押し目を入れながらブレイク。その後少し下げて高値引けする展開でしたね。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。エントリー後は高値まで戻ってくれたので利確してます。

 

日足長期線サポートを背景に反発しているという考えでエントリーしましたが、前場10時頃までは雰囲気が悪くうまく上がれませんでしたね。

 

本当であれば反発の連続陽線の出来高ももっと多くなってくれそうなものですがいまいちな量。

 

反発は弱いと判断して正解でした。

 

結果的には地合いの好転に合わせて高値更新をしていきましたが、それは結果論。

 

高値更新時はずんずん進んでいけるだけのエネルギーがあるかしっかり見極めて、取れそうなだけの値幅を取っていくことが最優先ですね。

 

 

アジャイルメディアの日足チャート

f:id:higedura:20190311154237p:plain

 

 

前回はまた反発するのではと言いました。考察2日後に反発して、本日は値幅取りのチャンス到来です。

 

ただ出来高少ないですねー。

 

出来高がそれなりなので陽線もそれなりです。こういう場合は明日の寄り付きがどの位置から始まるかと、寄り付き後の出来高が増加傾向にあるか確認しましょう。

 

もし元気がなければ反発は続いていかないかも?

 

 

まとめ

以上からアジャイルメディアの今後の値動きで注目するポイントは

 

 

・反発後の出来高が増えていくか

 

・下げる場合は出来高がついていくか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com