ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

アイロムやはり2310円の価格帯で売られましたね!値動き解説!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっている【2372】アイロムグループの今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

 

f:id:higedura:20181025160912p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

アイロムグループの5分足チャート

f:id:higedura:20181129233523p:plain

 

 

前回の考察で日足の2310円に長い上髭先端があるので日中値動きでもとりあえずはここで転換する可能性を考慮すると言及しました。

 

ここで跳ねかえされなければ再度高値更新を目指す流れになる可能性があるとも言いましたが、本日は2360円と少し超えた所で陰のトンカチを引いています。

 

出来高も爆発的なのでここで弱さを示しているのは明白ですね。そこから値動きが変わっていることがおわかりでしょうか。

 

中期線で拾った方は微益を取れたようですが、結局は長期線でも反発できなかったようですね。状況としては反転下降期なのでどこで下げ止まるか確認です。上げる場合はやはり2310円の壁か。

 

アイロムグループの日足チャート

f:id:higedura:20181129233643p:plain

 

2310円に気をつけてデイトレをすると言いましたが他の銘柄が吹いてしまったので触れませんでした。アイロムも触れていればここでも利益が取れたのに惜しいですね。

 

日足で見てもこないだの上ヒゲと同じ価格帯で売られているのがわかります。考察どおりですね。陽のトンカチなのでまだマシですが、トンカチは高値で陰と陽にあまり差はないかな。トンカチについてはひげづらメソッド第3弾で解説した通りです。

 

とりあえずまた中期線で反発できるか観察です。 

 

 

まとめ

以上からアイロムグループの今後の値動きで注目するポイントは

 

・5分足のどこで反発するか

 

・下げた場合、日足中期線でどうなるか

 

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com