ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

アイロム高値に並ぶも跳ね返されました!下げたとこ買っとく?

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっている【2372】アイロムグループの今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

 

f:id:higedura:20181025160912p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

アイロムグループの5分足チャート

f:id:higedura:20181114200837p:plain

 

 

前回の考察では9日の日中高値か直近高値の2418円付近で跳ね返されるかを観察すると言及しました。 結果としては2418円を少し超えた2434円で跳ね返されました。これは明確に2418円を超えたとは言えないですね。

 

その結果、5分足は中長期線で軽い反発を見せつつも大引けにかけて下降期に入りました。現在は一度中期線に触る動きが見られたので反転上昇期手前という感じ。

 

明日以降は中期線を超えていけるかに注目です。直近の値動きでは2240円や2270円あたりに転換点が多く見られます。ここで反発していくのか2100円から2150円まで落ちるのか見ていきましょう。

 

仮にそこまで落ちてくれば日足の中期線にもかなり近づきますよね。中期線割れをロスカットとして少しずつ拾っていこうかなと考えています。

 

アイロムグループの日足チャート

f:id:higedura:20181114200921p:plain

 

本日は出来高が少し増えて陰の大引け坊主に近いローソク足でした。出来高が増えたのは嫌な感じですね。上髭も並んできました。

 

9日の大陽線から足長同時線、大陽線、陰の大引け坊主の順番にきています。せっかく移動平均線の並びが整ってきたのでもう少し高値で耐えてくれることを願っています。

 

 

 

まとめ

以上からアイロムグループの今後の値動きで注目するポイントは

 

・高値を更新していけるか

 

・下げた場合、どこで反発するのか

 

・出来高の変化はどの価格帯で起きるか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com