ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

データセクション【3905】の今後の値動きを再々考察してみた!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

今回は以前考察したデータセクション【3905】の値動きについて2回目の振り返りをしたいと思います。

 

例のごとく、あくまで私見として振り返りを行いましたのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい!

 

それではどうぞ!

 

<前回の考察記事はこちら!>

 

 

f:id:higedura:20180801214800p:plain

<目次>

 それではひとつずつみていきましょう。

データセクションの前回考察内容

前回記事では今後の値動きで注目するポイントは以下のように述べました。

 

・前回記事通り当面の目標は爆発的な出来高を伴って上ヒゲの高値を超えていくこと

 

・節目1000円での値動きで買いは弱いということがわかった可能性あり

 

・月足ベースでは大口が良い傾向があるので前回記事で言及したように高値で激しく揺さぶりをかけてから(大きく下げてから)高値を目指す可能性あり。ただし、長期間のチャートでの安値を割り込むようなら一気に下落トレンドになる(売りがどんどん強まる)可能性が高いので要注意。

 

 

また、このように言及しています。

以下、抜粋文。

「前回記事で言及した1000円の節目に差し掛かるときれいに高値が止まり本日は837円と14.5%の大幅下落です。このとき出来高は増えていますね。まぁ現時点であまりドヤ顔できないのは「下げて出来高が増えてはいるのだけれど、もう少し出来高が増えていないとどんどん売りが続いていく可能性があると言い切れないなぁ」という考えがあるからです。これだけ大幅に下げたので軽く反発するかもしれませんね。

 

とはいえ前回記事で述べたようにこの価格帯で買いは弱まっているということが証明されたような気もします(ニヤリ」

 

今回はこれらをふまえながら再考察していきます!(-д☆)キラッ

 

データセクションの経過確認と再考察

では今日までの値動きを振り返ってみましょう。

f:id:higedura:20180801220326p:plain

あの大幅下落から考察どおり翌日は最大30円の反発を見せています。ただし出来高は伴っていません。その翌日は出来高を伴わず下落です。さらにその翌日は安く寄り付きますが、800円の節目から再び870円付近まで反発しますがこれも出来高を伴っていません。そして本日、やはり出来高を伴わず上髭陰線を引いています。

 

なんだか中期線を待っているように見えますね。安値が800円で止まっているのは赤枠の爆発的な出来高の影響でしょうか。とすればこのまま出来高が細りつつ中期線を迎えたときに爆発的な出来高が発生すれば陽線か・・?

 

そして上昇時のエネルギーが赤枠の出来高に匹敵するのなら高値1000円を超えていくのかという展開ですね。あ、7月終わった直後だし一応参考までに月足確認しましょうか!

f:id:higedura:20180801221210p:plain

これはかなり高い壁が立ってますねぇ・・・(;´Д`)笑

節目1000円には並んだとしても超えていく可能性は薄いかもしれません。地合いが味方していないのも痛いですねー(´・ω・`)

 

まとめ

以上からデータセクション【3905】の今後の値動きで注目するポイントは

 

・中期線とぶつかったときに爆発的な出来高が発生して上昇するか

 

・上昇が続くときに出来高はどうなるのか

 

・節目1000円まで到達するか、したときの値動きはどうか

 

という感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい。

それではまた!