ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

EduLabは急騰も陰のトンカチで大引け!また高値を超えてくるか監視!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

さて、今回は何かと話題になっているEduLab【4427】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

f:id:higedura:20190308154350p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

EduLabの5分足チャート

f:id:higedura:20190312154440p:plain

 

 

前回考察では上場来高値目前で、おそらく更新するだろうと言及しました。また、少量持ち越しているとも言いました。

 

本日までの値動きは、考察通り上場来高値更新となりましたね。

 

本日は寄り付きから一気に上場来高値更新、そのご前日比マイナスまで下げる展開となりました。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。

 

理由は寄り付き後の見るからに怪しいローソク足と、高値で耐えて出来高を激減させる挙動があったからです。

 

エントリー時は陰線でしたが、すぐカラカサに変化してそのまま高値で耐える値動き。

 

また、板もあえて高値にいかせないように操作されていたので上には行くだろうなと考えていました。

 

9:35には5500円の節目を意識したトンカチが形成され、ここでも「押し目がきそう」とつぶやいています。

 

予想通り押し目がきたのでエントリーすると再度カラカサに変化。

 

しばらく持っていましたが、高値までは戻せず中期線を割ったので手仕舞いとしています。

 

 

EduLabの日足チャート

f:id:higedura:20190312154709p:plain

 

前回考察では上場来高値をブレイクすると考察しました。また、5000円の節目で出来高が盛り上がってくれると嬉しいとも言いました。

 

本日は節目で出来高が盛り上がったあとは考察通りブレイク。

 

そのあと下げたので、日足では出来高を伴った陰のトンカチとなっています。

 

一応、このローソク足で一旦の区切りな印象ですね。

 

カップのような形状なので、少し下げてから反発してくる可能性もありますが。

 

再度、出来高を伴って高値を超えてこない限りは上がった日にデイトレを行うくらいにとどめておきます。

 

 

まとめ

以上からEduLabの今後の値動きで注目するポイントは

 

・陰のトンカチ後の値動き

 

・再度出来高を伴って上場来高値を超えてくるか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com