ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

ジェネレーションパスはストップ高!日中値動きのポイントを解説!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているジェネレーションパス【3195】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 


 

f:id:higedura:20181121190400p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

ジェネレーションパスの日足チャート 

f:id:higedura:20181226150649p:plain

 

前回考察では日足直近高値である1480円を突破できるのか、突破する場合は出来高を伴ってくれないといまいちだと言及しました。また、突破した場合は上昇継続とも言いました。

 

本日の値動きは出来高を伴った陽のトンカチですね。これは天井を思わせるローソク足です。少なくとも1740円の高値は強く意識される状況になったのは覚えておく必要がありそうです。

 

ここからは一旦押し目形成の流れになるのか、1740円を突破しようとする流れになるのかを見ていく必要があります。

 

もし下げるとしても中期線まではかなり乖離があるので落ち着いて値動きを見守ったほうが良さそうです。

 

上げる場合は1740円付近でどんな値動きになるのか観察し、突破できず下げるようなら出来高がどうなっているか確認しましょう。

 

ジェネレーションパスの5分足

f:id:higedura:20181226150555p:plain

 

 本日は寄り付きから上昇継続し、高値突破の流れとなりました。これにより前回考察で述べたように上昇継続となりました。

 

Twitterでリアルタイムにつぶやいてましたが、今回エントリーした価格は日足の直近高値です。以前にも解説したように一度突破した高値はサポートとして機能することがあります。

 

特に、上位時間足の高値なので下位時間足で強く機能することが多いという考え方によりつぶやき、エントリーしました(大引け前の値動きでもサポートが働いていますよね)。

 

実はこれはひげづらメソッド第1弾で書いてあるH2のエントリーポイントです。

 

ここからチャート青丸で1度目の利確をしてますが、それは・・・

 

f:id:higedura:20181226151922p:plain

 

バンドウォークが終値ベースで解除されたからです。これもTwitterでリアルタイムにつぶやいてますのでご覧になられた方もいるでしょう。

 

そこから中期線押しで再度エントリー。そして高値到達で再利確です。結果的にはそこからストップ高までいったようですが、それは結果論なのであってトレードとしては大成功です。

 

ちなみにスト高前の吹上げ直前には・・・

 

f:id:higedura:20181226152319p:plain

 

いつぞやのALBERTの考察で解説した小さな三角保ちあいができています。これに気づいた方もしっかりと上昇を取れたのではないかなと感じます。

 

さて、状況は長期線下抜けで下降期突入を思わせますね。明日以降は市場参加者も少ないと思いますが反転上昇期になっていくか観察しましょう。日足が弱いローソク足になっているので無理は禁物です。

 

 

まとめ

以上からジェネレーションパスの今後の値動きで注目するポイントは

 

・5分足で反転の値動きが出るのか

 

・下げたときの出来高とローソク足

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com