ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

IPO初心者にも玄人にもおすすめな買い方教えます!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

みなさんはIPOという言葉をご存じですか?IPOとは新規上場株式もしくは新規公開株のことでまさに生まれたてほやほやの無限の可能性を秘めた金の卵達です。

 

IPOは上場して数年以内に爆発的に株価が上昇する例も珍しくないため、直近IPOというカテゴリで区切ってリスト化している投資家も多いです。

 

ただし、大きく上昇する可能性があるということは期待が薄れたときに大きく下落する可能性もあるということです。直近だとメルカリなんかがそうですね。

 

今回はそんなIPOへの(私の)対処方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

※投資は自己責任です。資金管理やリスクマネジメントは各自でお願いします。

 

 

f:id:higedura:20180814191849p:plain

<目次>

 

それではひとつずつみていきましょう。

 

IPOはテクニカル分析がしづらい

IPOの大きな特徴の1つに

ローソク足や移動平均線、その他もろもろのテクニカル分析が通用しづらい

という点があります。

 

そりゃそうですよね、だってテクニカル分析ってものはある特定の期間やデータを使って算出しているものですから。そもそも表示すらできないことだってあります。

 

普段からテクニカルをよーーーく観察している投資家にとっては刀を奪われたも同然で、今後の値動きの考察もしづらいですよね。ではどうするべきか?

 

テクニカル分析が使える数だけローソク足が引かれるのを待つ

 

これに尽きますね。

 

例)25日移動平均線の場合、25個のローソク足で1ポイント打たれるので最低でも25個はローソク足が必要。1ポイントでは全く信憑性がないのでそこからさらに1ヶ月くらい経過すれば短期線+25日線+出来高の組み合わせで値動きを追っていける。

 

私は自分の中で

「IPOに投資する場合は最低でも3ヶ月~半年は値動きをみる」

と決めています。初値から爆発的に上昇しても下落してもこのくらいの期間を追ってみるとおおよそのの流れがつかめます。

 

 

同時期の直近IPOの値動きを参考にする

IPOは時期によってどかっと固まって公開されることがあります。同じような時期に公開されたIPOはまとまって上がったり下がったりすることがあるのでこのIPO群に資金が集中している(資金抜けしている)という状態であれば戦略を練るための因子となります。

 

逆に注目度の高いIPO銘柄に資金が集中し、他の同時期IPO銘柄に資金が行かないというパターンでは最初に資金が集中していた銘柄から資金が抜けていくのを察知して他のIPO銘柄で良さそうなものを監視するということもできます。

 

つまり同時期IPOは比例、反比例はともかく連動して値動きすることがあるということです。

 

※資金が集中している(抜けている)のは出来高を確認していけばなんとなくわかります。出来高については以下の記事を参考にして下さい。

 

  1. 出来高の基本的な考え方
  2. 出来高とローソク足でテクニカル分析する流れ
  3. テクニカル分析する際に必ず覚えておくこと

 

初値や大きな出来高を伴って大きく動いた日のローソク足を覚えておく

上場初日は大体の場合で大きな出来高を伴った値動きを見せます(初日なのでそのときは比較対象もないのですが)。あとあとになって初日のローソク足の形や出来高が値動きのヒントとなることが多いです。

 

一概には言えませんが、初日で大きな出来高を伴って大陽線を引いたあとにしばらく上昇して押し目を形成した場合、初日の終値くらいでやっぱり反発したよねとかそんな感じです。

 

上場してから時間がそこまで経過していないのでその価格帯にきたのが2回目とか3回目だと過去の値動きが影響しやすいのかな?と個人的には考えています。投資家の心理的には

・ここにきたら買おう(売ろう)

・ここからは下がって欲しくない(上がって欲しくない)

といった考えがあるので大きく出来高を伴った場面で攻防が起きることが多いです。

 

こういった部分での値動きを見ていくとなんとなくの流れや資金の出入りを感じ取りやすくなります。

 

そもそもセカンダリーで勝負しない

一般的にIPO投資!と言われたら証券会社のIPO買い付け募集に応募して当選を狙うというものだと思います。

IPOは8割9割は上場前の買い付け価格より株価が上がることが多いのでもし当選すれば利益が出る確率が高いと言われています。

 

ただし、多くの証券会社の場合は当選するためには資金力がものをいう世界なので各証券口座に買い付け資金を入れておいて余力として表示しておく必要があります。その間は資金拘束されてしまいますしそもそも当選する確率は小さいので効率は悪いです。

 

そこで私は

 

・SBI証券のチャレンジポイント制度を利用する

・資金拘束されない証券会社でIPO当選を狙う

・マネックス証券でIPO当選を狙う

 

という方法をセカンダリーと並行して行うことをおすすめします。

 

1)SBI証券のチャレンジポイント制度

SBI証券ではIPOチャレンジポイントといって

 

  1. IPOの抽選に外れた回数に応じてポイントが加算される
  2. チャレンジポイントは次回以降の申請時に使用できる
  3. 申請時にポイントを使用して抽選に外れた場合は使用したポイント+1ポイントが戻ってくる
  4. 1ポイントにどのくらいの効果があるかは公表されていないがポイントは当選しない限り使えば使うほど増えていく仕組み
  5. 当選したら使用したポイントは失効する

 

といったシステムが用意されています。SBI証券のIPOでは通常の当選枠とは別にチャレンジポイント枠が設けられており資金力に物を言わせている方々に対抗するには非常に良いシステムですね。

 

SBI証券は他社に比べて圧倒的なIPO取り扱い数を誇りますので年間で90ポイント近くは貯められます!正直、当選に値するボーダーには足りないと思われますが年間90ポイントを継続すればそう遠くない未来に当選できますよ。

 

※100~120ポイント前後で当選できるそうですので1年ちょい

で達成できそう!

 

他の証券会社でIPOの当選を狙うよりも取り扱い数も多く、IPOチャレンジポイントを活用できるSBI証券でIPO当選を狙った方が断然効率が良いです!

 

詳細はこちら(公式ホームページへ)

 

 

2)資金拘束されない証券会社でIPO当選を狙う

SBI証券のIPOシステムは非常に画期的で時間をかければ必ず当たるのですが、いかんせん資金拘束をされてしまうのでそこだけはデメリットです。

 

そこでSBIと並行して資金拘束されない証券会社でもIPO当選を狙う方法もお伝えしておきます。

 

方法といってもただ証券会社に口座開設して口座にお金を入れていない状態でIPO応募を繰り返すだけです。

 

余力が必要ない証券会社は

 

  1. 松井証券
  2. 岡三証券
  3. ライブスター証券

 

の3つです。このなかで特におすすめなのは松井証券です。

 

松井証券がおすすめな理由は

 

  1. 応募~抽選時点で余力は必要なく、購入資金は当選後の購入申し込み期限までに入金すればOK
  2. 割り当て株数の70%を完全抽選で配分するので資金力の差が少ない
  3. あらゆるネットバンキングに対応していて資金移動がスムーズ

 

という点です。このメリットのおかげで

 

資金を増やすこと無く、普段の証券口座+松井証券でIPOに応募する

 

という戦略をとることが出来ます!個人投資家は資金を設定して投資していることが多いので非常に大きなメリットですね!

 

松井証券はIPO取り扱い数がそれなりですが、年間で20いかないくらいの銘柄でIPO応募ができるので、SBI証券のIPOチャレンジポイントと組み合わせるためのサブ口座として絶対に開設したい証券会社ですね。

 

松井証券公式ホームページ

 

3)マネックス証券でIPO当選を狙う

サブ口座として必ず入ってくるのがマネックス証券ですね。つみたてNISAやiDeCoの時と同じでかゆいところに手が届いてるというか・・・メイン口座にない絶妙なところをフォローしてくれるいい証券会社です。

 

IPOでは

 

  1. 毎年安定して多いIPO取り扱い数を維持している
  2. 100%全てをネット配分として振り分けるので当選確率が高い
  3. 割り当てられたIPO株は100%、1人1票の完全平等制をとっている

 

という点が良いですね。SBIをメイン口座として使いながら、つみたてNISA・iDeCo・IPOはマネックス証券で行うといった絶妙な使い分けがおすすめです!

 

マネックス証券公式ホームページ

 

ちなみにマネックス証券のつみたてNISAとiDeCoにおいて嬉しい点はこちらを参考にして下さい。

www.higedura24.com

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回はIPOのテーマで私の考え方をご紹介しました。IPOは上手に活用すれば短期的に資金を増やすことが出来る手段となりますのでぜひ参考にIPOに参加してみて下さいね!

それではまた!