ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

ぐんまこどもの国でサマーボブスレーやじゃぶじゃぶ池を楽しんできた!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

今回は群馬県は太田市にあります

ぐんまこどもの国

をご紹介します!

 

ぐんまこどもの国はまさにこどもの成長や発達のために作られた自然や科学に遊びを通じてふれあえる公共施設です。

 

水遊びエリアもアスレチックエリアもとんでもない広さでほんとに驚きでした!!

しかも自然あふれる広場ではテントやレジャーシートの使用が許可されているのでピクニックまでできますよ^^

 

ほんとに群馬県はすごいですよねー。

 

市営なのにこんなに広い子供のための遊び場が県内の至る所にあって、しかも作りがすごいしっかりしている!

 

東京や群馬県近郊の方はぜひ遊びに行った方がいいですよ!

 

 

f:id:higedura:20180825222409p:plain

<目次>

 

それではひとつずつみていきましょう。

 

ぐんまこどもの国とは

ぐんまこどもの国は群馬県太田市にある

 

じゃぶじゃぶ池

サイクル広場

ダイナミック広場

幼児広場・かくれんぼの丘

からくり時計

ぐんまこどもの国児童館

自然ふれあいゾーン

ふれあい工房

 

で構成される公共施設です。かなり広大な敷地面積でその中に多くの自然や科学とふれあえるスポットが用意されています。

 

<基本情報>

アクセス:東武桐生線 三枚橋駅からタクシーで5分

     北関東自動車道 太田藪塚ICから20分、太田強戸スマートICから15分

 

入場  :無料

 

駐車場 :600台(無料)

 

遊具  :有料遊具あり(大人200円、子供100円)

 

開演時間:8:30~17:00

 

 

ぐんまこどもの国のおすすめ

広すぎて回れなかったところもありますが、私が子供と行った中で反応が良くおすすめだなぁというところをご紹介しますね!

 

じゃぶじゃぶ池

夏の外遊びといえば水遊びですよね^^ぐんまこどもの国ではじゃぶじゃぶ池という水遊びエリアがあります。

 

緩やかに傾斜がかっていて上流にかなり大きな噴水池、下流に向かって人工の川が自然の岩とともに作られており子供が川から池まで段差や岩を超えていきながら川下りができますよ!

 

川のすぐ横に屋根がある休憩所や草原がありますので近くにテントを張ってお子さんを見張りながら親は食事を取ることが出来るのもうれしいところ。

 

ただし、バーベキューなど火は使えないことと、川の長さがかなり長いので目は離さないようにして下さいね!

 

設置してある岩は小さい物から大きな物まで色んな種類があり、うちの子は岩に上って楽しんでいました(ほんとはいけないのですが)。

 

ごつごつとした岩にがっしがっしと登る姿をみて健康に育ってくれてうれしいなぁとしみじみ^^

 

少し歩けば食事の施設にも行ける場所で、午前中に川遊びをしたあとにすぐ昼食をとれたので午後もスムーズに遊べました。

 

じゃぶじゃぶ池は5月から9月が利用期間で、噴水は9時から17時まで出るようですね。水の深さは約15cm~30cmなので小さい子でも安心して遊べます。

 

サマーボブスレーがあるサイクル広場・わんぱく広場

ぐんまこどもの国ではアスレチックとして様々な有料遊具と無料遊具が楽しめます!

 

園内に入ってすぐ左手のサイクル広場ではサイクルモノレールという空中自転車をお子さんと一緒に楽しめますよ^^親は疲れますが子供は高いところが大好きですから大はしゃぎでしたね(笑)

 

ママは下から写真を撮ることができますからインスタ映え間違いなし!!

 

その他にもサイクル電車やおもしろ自転車をワンコインから楽しめるのでおすすめです。

 

また、子供が大好きなサマーボブスレーもあります!

割と長めのコースを大自然の中で爽快に楽しめるのでこれも非常におすすめですね^^

 

もう少しおとなしいのがお好きな方はパノラマチェアで絶景を楽しむのもいいですよ。

 

 

ぐんまこどもの国には有料施設以外にも無料で遊べるアスレチック遊具がかなりたくさんあります。

 

その数なんと40種類以上!!

 

幼児から小中学生まで楽しめる遊具が揃っており、ここだけでも一日中楽しめますね。ひとつひとつの作りもしっかりしており、普通の公園には置いていないようなものばかりです。

 

特におすすめなのは冒険のとりでと呼ばれる巨大滑り台で、てっぺんに登るまでにいくつものミニアスレチックを超えていかねばならず上に行くだけで数分はかかります(笑)

 

その分、滑ったときの達成感は子供にとってすごいらしく

 

もっかい登ってみる!

 

と目をキラキラさせながら言っておりました。パパは5回が限度かな(笑)

 

 

ぐんまこどもの国児童館

ぐんまこどもの国は屋外施設だけでなく屋内施設もすごいです。

 

児童館は入って右側の建物で、こちらではサイエンスワンダーランドという科学館や無料シアタールーム、授乳室やプレイルームなどがあります。

 

サイエンスワンダーランドは

 

・磁石の力を使ったパズルゲーム

・巨大シャボン玉作り

・身体を使ったシューティングゲーム

・エアホッケー

・人工竜巻装置

・ダンシングバルーン

・錯覚体験

・1人用コーヒーカップ

 

などなど子供が遊びながら科学の世界に夢中になれるものばかりです!

 

無料シアタールームではゲゲゲの鬼太郎が放映されていてそこで寝ている親御さんもちらほら(笑)

 

屋外施設だけだと赤ちゃんや小さい子の面倒を見るのが大変ですが屋内施設で授乳やオムツ交換、プレイルームがあるのはほんとにうれしいですよね!

 

上の子はパパに預けてママは児童館で下の子を見るということもできますよ^^

 

 

自然ふれあいゾーン

水遊びやアスレチック、科学館以外にもぐんまこどもの国でおすすめなのがこの自然ふれあいゾーンです!

 

ここでは池、小川、原っぱ、林などに様々な昆虫や生き物、動植物が生息しています。より生息しやすいようにビオトープを残しているらしく様々なゾーンで色々な生き物を自然なかたちで観察できます!

 

虫取りしている小学生もたくさんいましたよ-^^

 

私が行ったときはトンボやバッタ、カマキリに始まり水辺にはザリガニを見ることができました。運が良ければオオタカなどの猛禽類も見られるそうですよ!

 

少し大きなお子さんがいらっしゃる方は虫取り網や双眼鏡をご持参して昆虫採集やバードウォッチングを夏休みの思い出にいかがでしょうか!

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回はぐんまこどもの国のご紹介をしました!

行って頂ければわかりますがほんとに広大な敷地に様々なアスレチックや自然、レジャー施設がありますのでお子さんが喜ぶこと間違いなしです^^

 

ぜひあなたも群馬県に足を運んでみて下さいね。それではまた!

 

カリビアンビーチという関東最大級のプールに行ってみた!

ティラノサウルスでインスタ映えの群馬県立自然史博物館に子供と行った感想