ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

幸楽苑は日足長期線で大反発!日足中期線も超えていくか注目!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっている幸楽苑ホールディングス【7554】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

f:id:higedura:20181228171427p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

幸楽苑の5分足チャート

f:id:higedura:20190129152551p:plain

 

 

本日の値動きは日足長期線の大反発により強い値動きとなりました。押し目をはさんだものの大引けまでぐんぐんと上がり高値引けとなっています。

 

私もエントリーしましたが、中期線割れでふるい落とされてしまいました。

 

グランビルの法則に従えば、中期線を超えたところでエントリーしても良いのですが私のルールからは外れるので見送りました。残念。

 

状況はまだ上昇期のようですが、日足中期線が少し上に控えているので注意ですね。2360円付近では抵抗があるかもしれません。

 

そこを超えて勢いよく上昇が続くのなら日足直近高値を目安に値幅が取れそうです。

 

幸楽苑の日足チャート

f:id:higedura:20190129152822p:plain


昨年末に書いた前回考察では年初来高値更新で新しいステージにきた感じがすると言及しました。また、2400円くらいまでくれば拾いやすいとも言いました。

 

しかし、大発会のローソク足で陰のトンカチを引いてしまい、高値から2400円くらいまで下落する値動きとなってしまいましたね。

 

考察通り2400円割れで集めて100円以上取りましたが、結局中期線割れとなる値動きでした。

 

本日は長期線での大反発となったようです。高値のときを上回る出来高で大陽線ですのでどこまで戻せるか注目です。

 

私の経験では日足ベースだと上昇トレンド移行後に初めて長期線反発したチャートは高値まで戻せることも多いです。とりあえずは中期線を目安に考える必要がありますが、そこを超えて陽線を引くようなら値幅取りができそうです。

 

 

まとめ

以上から幸楽苑の今後の値動きで注目するポイントは

 

・日足中期線を突破していくか

 

・日足の直近高値を超えられるか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com