ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

マネックスグループ【8698】の今後の値動きを再考察してみた!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

今回は以前考察したマネックスグループ【8698】の値動きについてその後の振り返りをしたいと思います。

 

例のごとく、あくまで私見として振り返りを行いましたのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい!

 

それではどうぞ!

 

<前回の考察記事はこちら!>

 

 

f:id:higedura:20180731224849p:plain

<目次>

 それではひとつずつみていきましょう。

マネックスの前回考察内容

前回記事では今後の値動きで注目するポイントは以下のように述べました。

 

・新たな材料が出て再び相場が始まるか

 

・材料が出て上げる場合は4月並みの爆発的な出来高で上昇するのかどうか(10週移動平均線の上まで抜けられるか)

 

・今後下げたときに出来高が膨らんで売りが続いていくかどうか

 

・青枠の価格帯を下抜けて530円を目指す?

 

また、このように言及しています。

以下、抜粋文。

「4月に一気に上昇している最中にも爆発的な出来高で怪しいローソク足があります。

まず4/16の十字線。大きく上昇してきて600円の節目のタイミングで売りが出ているのでしょうか。今後の値動きでこの価格帯は抵抗となるかもと思うポイントです。

 

そして4/27の爆発的な出来高でこの陰線。前日はこれだけ大きい陽線でこれっぽっちの出来高なのに4/27は派手すぎます。このローソク足を境に上昇しても出来高が思うように伸びていません。トレンドはしばらく慣性が残るものですから700円までは上昇しましたが5/8くらいの出来高ではより上には行けずに出来高を減らしながらもみ合っていますね。

 

そこから中期線でも止まらずずるずると600円まで戻り(4/16の十字線の価格帯まで戻り)、反発しても7月頭で出来高をともなって陰線を引いています。

 

その後長期線に支えてもらうもついに7/27には出来高をともなって明確に割り込んでしましました。ちなみに下ひげは直近安値付近で止まってはいますが、短期・中期・長期すべて割り込んでいます。」

 

今回はこれらをふまえながら再考察していきます!(-д☆)キラッ

マネックスの経過確認と再考察

まず前回記事の日足を再確認します。

青枠の下値まできたタイミングで全ての平均線を明確に割ったのでこのまま下抜けるかもと話しました。

 

では今日までの値動きを振り返ってみましょう。2日経過してます。

f:id:higedura:20180731225753p:plain

 

おとといの出来高を伴った下げから続落して青枠を下抜けていますが出来高は増えていかず、おとといの下ヒゲからも出ていません。また、4月の下ヒゲも並んでおり、過去の安値付近の価格帯である青丸部分まで抜けるのか注目したいところです。

 

現段階で出来高を増やしながら下落していないのでまだわかりません。平均線は下方向に広がりつつありますし前回の考察通り530円を目指す展開だとは思いますが、下抜けるかは出来高次第です。

 

まとめ

以上からマネックスグループ【8698】の今後の値動きで注目するポイントは

 

・過去の安値530円までくるか

 

・530円でどんな値動きをするか

 

・思わぬ反発を見せる場合は出来高を伴って勢いよく陽線を引くのか(新材料など根拠はあるのか)

 

という感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい。

それではまた!