ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

格安スマホに乗り換えてお得に生活費を圧縮せよ!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

今回は生活費圧縮のための一環として携帯料金の圧縮、すなわち格安スマホ(MVNO)への乗換えについて基本情報と手順、おすすめMVNO会社をご紹介します。まだ大手キャリアを使用していて月に8000円近く払っている方!

はっきり言って無駄な出費です。

今すぐ格安スマホに乗り換えてその無駄な出費を違う形で運用しましょう。

 

 

f:id:higedura:20180806220802p:plain

<目次>

 

それではひとつずつみていきましょう。

 

格安スマホ(MVNO)とは

MVNOはMobile Virtual Network Operatorの略で仮想移動体通信業者といいます。長ったらしく難しげな言葉なので格安スマホとかMVNOとか呼ばれているわけです。

 

具体的にどんな会社かというと

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアから通信回線を貸してもらい、通信料金が安いSIMカードを提供している会社

です。MVNOを使用している人はどこかしらのキャリアから電波を借りてネットにつないでいるんですね。そのためMVNO会社によって

・ドコモ系

・au系

・ソフトバンク系

とか分けられていて、最近の話題としてはソフトバンク系のMVNOってY!mobileくらいしかなかったけどソフトバンクと提携する会社が増えてきたねーとか言われています。また、大手キャリアの新たな選択肢として楽天グループが名乗りをあげ話題にもなりました。

 

格安スマホ(MVNO)に乗り換えると電話番号は変わるのか

携帯会社を変えるときに心配なのは電話番号が変わることですが、番号ポータビリティサービス(MNP)というサービスを使えば電話番号は変わりません。手順は後ほどまとめて説明します。

 

格安スマホ(MVNO)の通信速度はどうなのか

大手キャリアの電波を借りて運営しているため通信速度は多少落ちます。落ちますが、MVNO会社によっては全く気にならない(というかわからない)レベルです。

 

なぜMVNO会社によって違いが出るのかといいますと各大手キャリアが貸している会社数が違うからです。例えば、1つのMVNO会社にしか貸していない大手キャリアと5つのMVNO会社に貸しているキャリアがあった場合にはもちろん前者の大手キャリアを借りているMVNO会社の方が通信速度は速くなります。

 

理論的には大手キャリアの通信容量の半分を借りて使えるわけですからね。大手キャリアが容量の半分を貸してくれるわけではないですがイメージ的にはこんな感じです。

 

f:id:higedura:20180806190138p:plain

現在では数え切れないほどMVNO会社があり、そのほとんどはドコモ回線です。それに対してauとソフトバンク系のMVNOは10社ずつくらいなので通信速度はauとソフトバンク系のMVNOが速いということになります。

 

ちなみに同じ系列の回線を使っていてもMVNO会社によってこれまた通信速度が違います。詳細はわかりませんが、通信速度が速い!といわれているMVNO会社は色々な人が調査をして結論が出ているようです。

 

おすすめMVNO会社と携帯料金はいくら?

せっかく乗り換えてもMVNO会社の携帯料金が大して安くなかった・・・なんてことはほぼありませんが通信速度に関しては雲泥の差が生じる場合があります。

そうならないように一応おすすめMVNO会社と携帯料金をご紹介しときます。

 

1)UQモバイル

おすすめポイントは

・au系列のMVNO会社でも群を抜いて通信速度が速い(4年連続格安SIM通信速度部門第1位)

・ユーザー評価でも第3者評価でも格安SIM満足度第1位を獲得

・5分以内の通話かけ放題(おしゃべりプラン)か毎月一定時間内なら無料(ぴったりプラン)か選択可能

・新規契約者は

プラン

おしゃべりS

おしゃべりM

おしゃべりL

月額料金

1980円

2980円

4980円

UQ家族割り適用月額

(2台目以降)

1480円

2480円

4480円

通話

5分以内かけ放題

5分以内かけ放題

5分以内かけ放題

データ容量

2GB

6GB

14GB

プラン

ぴったりS

ぴったりM

ぴったりL

月額料金

1980円

2980円

4980円

UQ家族割り適用月額

(2台目以降)

1480円

2480円

4480円

通話

毎月60分間かけ放題

毎月120分間かけ放題

毎月180分間かけ放題

データ容量

2GB

6GB

14GB

 

・アプリ1つで節約モードとターボモード切替ができ通信料管理ができる

・本体が実質無料の機種が豊富なため選択肢が多く、本体自体も普段使いで問題ない性能

 

といったことが挙げられます!私もユーザーの1人ですが特に通信速度に関しては自信を持って問題ないと断言できるほどの安定性がありますね。気になる方はUQモバイルのホームページで詳細を確認してみて下さい。

 

 

UQ mobile公式ホームページ

 

 

 

2)ワイモバイル

おすすめポイントは

・ソフトバンク系列のMVNOというかソフトバンクの子会社であるyahooJAPANが運営

・子会社なのでソフトバンクの回線をそのまま使用できるため安定感抜群

・MVNOでは珍しく全国的に店舗展開しているためわからないことは直に相談に乗ってもらえる

・音声通話SIM、データSIMともにSIMカードのみの契約も可能

・ソフトバンク光と併用割がある

・ヤフープレミアム、ヤフオクプレミアム、ヤフーかんたんバックアップ容量無制限がコミコミ

・ヤフーサービスを使えば使うほど翌月データ容量が増量されるパケットマイレージつき

・料金プランは

プラン

スマホプランS

スマホプランM

スマホプランL

月額料金

1980円

2980円

5980円

家族割り適用月額

(2台目以降)

1480円

2480円

5480円

通話

10分以内かけ放題

10分以内かけ放題

10分以内かけ放題

データ容量

2GB(9月からは3GB)

6GB(9月からは9GB)

14GB(9月からは21GB)

・いつでも時間無制限に通話無料にしたい場合は月額+1000円

 

といったことが挙げられます。UQも安定感抜群ですが大手キャリアの回線をそのまま使えるのでワイモバイルの方が安定感抜群だと思います。

気になった方はホームページで詳細を確認してみて下さい!

 

 

ワイモバイル公式ホームページ

 

なんかワイモバイルの方が条件良くなっとるやんこれ(´・ω・`)笑

UQモバイルとワイモバイルの注意点

おすすめMVNO会社を2社ご紹介しましたが注意することがいくつかあります。

・月額1980円は14ヶ月限定

上記の表に書いてある月額料金は14ヶ月限定の割引適用での料金です。15ヶ月目以降はこれに1000円プラスとなります。まぁそれにしたって大手キャリアと同レベルに近い通信速度と安い月額料金で無料通話もついてくるのでお得であることは間違いないでしょう!実際に以前は他のMVNO会社を使ってましたがまじで通信遅いんで気をつけた方がいいです。特にお昼とか深夜前の時間帯はべらぼうに遅いので注意です!

 

・パケット増量無料キャンペーン申し込み必須

上記のデータ容量は2社とも無料でデータ容量を2年間だけ増量してくれるキャンペーンに申し込んだ場合の容量です。単純にホームページとかアプリから申し込むって押すだけなのでそんなに心配はいりません。

 

・2年間できっちりMVNO会社を乗り換えすること

上記のようにデータ容量を無料で増量してくれるのは2年間だけです。なので2年経過した時点でUQモバイルならワイモバイルに、ワイモバイルならUQモバイルに乗り換えた方がお得です。乗り換えればそこからまた月額料金は1000円引きかつデータ容量も倍になりますからね!

 

 

格安スマホ乗換え手順

ではいよいよ乗換え手順をご説明します。

1)MNP予約番号をとる

現在の電話番号をMVNOでもそのまま使いたい場合は番号ポータビリティサービス(MNP)を使用するのでサービスを使うための予約番号をもらわなければなりません。大手キャリアの店舗でも予約はできますが事務手数料3000円ほどとられてしまうので予約用の電話番号にて予約を行って下さい。

<MNP予約電話番号>

・ドコモ   :0120-800-000

・au     :0077-75470

・ソフトバンク:0800-100-5533

 

色々言われて引き留められる場合もありますが全て断って予約番号をもらってください。有効期限があるので注意です!

 

 

2)SIMカードをMVNO会社のホームページもしくは代理店ホームページから申し込む

まずは自分がいいなと思うMVNO会社のホームページにアクセスします。UQモバイルかワイモバイルであれば以下からアクセスできます。

 

今まで通り音声通話もしたければ音声通話SIMを。ネットにつながるだけで音声通話はしない場合はデータSIMを申し込んで下さい。SIMサイズは機種によるのでワイモバイルホームページで確認して下さい。iPhoneの場合は全て「nano」を選択して下さい。

また、先ほどもらったMNP予約番号を入力するのも忘れずに!

 

※引き落とし用のクレジットカードと免許証などの身分証明を用意しておくこと!

 

 

3)SIMカードが届いたらMNP手続きを行う

SIMカードが届くまでは現在のスマホを使用してSIMカードを待ちましょう。最初に申し込んでおいたSIMカードが届いたらいよいよ乗換え作業です。MNP受付時間が過ぎている場合に行ってしまうと翌朝までMNP手続きが完了せずに朝までどちらも電話が使えなくなってしまうことがあるので注意して下さい!

 

MNP手順はSIMカードと一緒に送られてくるので安心して下さい。時間でいえば数分で終わる作業です!

 

まとめ

いかがでしたか?今回は格安スマホ、MVNO会社に乗り換えて毎月の生活費を圧縮する方法についてご紹介しました。毎日それなりの時間をともにする携帯(スマホ)ですから、ちゃんとしたMVNO会社を選択して生活費を圧縮しつつスマホの使用感は落とさないようにしていきたいですね!

それではまた!

<関連記事はこちら!>