ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

パートナーエージェントはスト高!中期線までの調整で値幅取り!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているパートナーエージェント【6181】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

 

f:id:higedura:20190122155729p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

パートナーエージェントの5分足チャート

f:id:higedura:20190122153734p:plain

 

本日は子会社化の材料で急騰し、一時ストップ高となりました。日中値動きはストップ高から中期線までの押し目、反発から保ちあい、そして保ちあい安値での引けという流れでした。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは赤丸部分です。結果的には中期線に沿って460円まで上がっていますが、私は450円の節目で抜けています。

 

450円で抜けた理由は節目ということもありますが・・・

 

f:id:higedura:20190122154353p:plain

 

図の青丸部分のローソク足が気になったからです。1つ目はトウバというローソク足でひじょうに弱いローソク足です。2つ目は直近値動きで考えると大き目の陰線かつ出来高が増えています。

 

2つ目の青丸では中期線に触るローソク足となっていますが見送って手仕舞いを選択しました。

 

これらのローソク足が影響しているかは誰にもわかりませんが、この後は安値高値を往復するようなボックス推移に変化しています。

 

大引けの状態としてはボックスの安値で終わっていること、長期線を下抜けていることから反転下降期の可能性があります。

 

日足も弱いローソク足が出ているので値動きに注意ですね。 

 

 

パートナーエージェントの日足チャート

f:id:higedura:20190122153812p:plain

 

本日は出来高を伴って陰のトンカチが発生しています。上昇していくにせよ一度ストップ高を調整してからなのかもしれませんね。

 

ブレイクラインや窓埋めで値動きが変わるかや、出来高減で下げるかを確認しましょう。

 

 

まとめ

以上からパートナーエージェントの今後の値動きで注目するポイントは

 

・日足の陰のトンカチの影響

 

・ブレイクラインで値動きが変わるか

 

・出来高を減らしながら下げるか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com