ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

ラクスルは日足長期線を超える大陽線!3500円を目指す値動きになるか?

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているラクスル【4384】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

f:id:higedura:20190110185336p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

ラクスルの5分足チャート

f:id:higedura:20190201154856p:plain

 

前回考察では日足中期線で反発が始まれば3000円復帰も考えられると言いました。

 

本日までの値動きは日足中期線に沿って下落が続いたものの反転し、本日無事に3000円に復帰となりました。

 

本日の値動きは寄り付き後にすぐ押して、その後はずんずんと値を上げていく展開になりましたね。

 

私がTwitterでつぶやいてからエントリーしたのは図の赤丸です。最初に押し目がくるかもとつぶやいたのは・・・

 

f:id:higedura:20190201155145p:plain

 

図の最初の赤枠で出来高を伴った陰の大引け坊主が出たからです。これにより押し目察知、そして中長期線目安の反発を狙いエントリーに至りました。

 

最近ほんとによく思うのですが、寄り付き後すぐにくる初押しを取れるか取れないかで全然違ってきちゃいますよねー。

 

ラクスルだってこんなに伸びるとは思わなかったですが、初押しのローソク足が陽のカラカサ(ひげづらメソッドで言うところの第2のトンカチ)に変化してます。

 

さらにその後に爆発的な出来高で陽の丸坊主が出ています。本日の強い値動きはこの流れから始まっていて、初動を取れたことがほんとに重要でしたよね。

 

さて、大引けの状況は上昇期が続いているようです。大引け直前には出来高ががっつり増えて上昇する値動きがあったようですし、来週も期待ですね。

 

下げる場合は3000円の節目や日足長期線を目安に監視でしょうか。

 

 

ラクスルの日足チャート

f:id:higedura:20190201155007p:plain

 

 

前回考察では中期線に戻ったが、ここで反発できるかで3000円に戻るか決まると言いました。本日は出来高を伴って大陽線です。

 

これで明確に長期線を超えましたので直近高値を目指す値動きになる可能性が高まりましたね。とりあえずは3300円ですが、本命は3500円付近の方でしょう。

 

欲を言えばここからの値動きでもう少し出来高が盛り上がってくれると良いのですが・・・来週以降の値動きを見守りましょう。

 

 

まとめ

以上からラクスルの今後の値動きで注目するポイントは

 

・日足で直近高値を目指す値動きになるか

 

・もう少し出来高が膨らんでいくか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com