ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

スタートトゥデイ【3092】の今後の株価で注目するのはここ!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているスタートトゥデイ【3092】の今後の値動きについて考察してみました。例によって東1の大型銘柄はなかなか苦手なのですが頑張って考察してみましょう!

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

 

f:id:higedura:20180801205929p:plain

<目次>

それではひとつずつみていきましょう。

スタートトゥデイの今後をテクニカル分析!

 

使うテクニカルは日足:5/25/75日単純移動平均線、週足:10/30/40週単純移動平均線、月足:12/24/36単純移動平均線、出来高です。

 

スタートトゥデイの2018年7月20日時点の週足チャート

f:id:higedura:20180801211629p:plain

まずは週足です。長いことずーーーーーーっと上昇トレンドを保ってきましたが2017年8月頃から保ちあいに入っています。実際に8月にホルダーであっても保ち合いかどうかはこの時点ではわからないでしょうね。

ただ、

「2017年10月6日の週と11月2日の週には出来高を伴って陰線を引き、11月24日の週で出来高を伴った大幅反発 ⇒ 同じ出来高で翌週跳ね返される」

といった流れを見るとあぁ年末も近いしそろそろ駄目かなとは思うでしょう。実際に年末に向けて出来高が細り、年を開けても大して膨らまず同じような価格帯にいます。やがて長期線にぶつかると爆発的な出来高で陽線を引きますが上ひげも下ひげの長く串刺しのようなローソク足です。節目や停滞した価格帯に邪魔され、売りが降ってきて上がれないのでしょうか。

その翌週には同じくらいの爆発的な出来高で陰線を引き、明確に長期線を割り込んでしまいます。11月の段階では節目3000円のタイミングで中期線に支えられてはいましたが、長期線を割り込んだこの時点では支えが弱くなっています。

 

 

そのまま下落し、3月2日の週には再び爆発的な出来高で陰線をみせますが今度は逆に大幅下落しませんでした。これが関係あるかはわかりませんが、過去の安値に並んだところで出来高が細り出来高が増えながら上昇する展開となります。

 

高値に並んだあと、高値圏で耐えながら出来高が減っていること、ギャップアップで上昇したこと、ローソク足の形から下がるかな?とも思いましたが出来高をともなって高値と4000円の節目を抜けていきます。

 

 

その翌週以降、4500円の節目まで上昇しますが跳ね返され、4000円で爆発的な出来高を伴って反発。出来高を減らしながら5000円手前までいきますが失速し下落している状況です。

スタートトゥデイの2018年7月20日時点の日足チャート

f:id:higedura:20180801212908p:plain

次に日足です。2018年4月頃から上昇し始め、4月23日に上値を抑えられていた長期線と3000円の節目を出来高をともなって抜けます。そのまま数日滞在すると長期線をバネに5月1日に爆発的な出来高でギャップアップ陰線を引きます。陰線ですが流れを変えるには十分な出来高と価格帯ですね。

 

5月11日には出来高を伴って大陽線を引き、短中長期線の並びや向きが整います。しばらく高値圏で調整し中期線を待ったあと、爆発的な出来高で再び陽線を引き4500円まで上昇します。

 

4500円の節目で跳ね返されたあとは調整価格帯および4000円の節目で反発し5000円手前まで上昇、この時点のてっぺんで出来高を膨らませようとしますが同じ力で抑えられ、本日には大爆発的な出来高で陽線を引き下落しました。

スタートトゥデイの今後を考察

まず週足です。これだけ長く上げ続けてきたにも関わらず4月にはこの上昇を見せています。ただ、トレンドの最後というのは今までに無い角度で上昇を見せる傾向がありますので注意です。また、5000円という強力な節目も控えており安易には買えないなーという印象です。もし私が買うのであれば3700円~4000円くらいの価格帯でほんとに少しだけ買ってみて少しでも怪しい挙動が出たらすぐ売ると思います。

 

次に日足ですが、5月にギャップアップ陰線で跳ねてから「節目 ⇒ 直近高値まで下落 ⇒ 反発して次の節目 ⇒ 直近高値まで下落 ⇒ 反発して・・・」という流れできていましたが今回は決算がぱっとしなかったこともあり直近高値で反発できませんでした。有名銘柄かつ長く上昇してきたため下で狙っていた投資家が多いことから結果的に本日のローソク足は陽線となり値を戻してはいますが、大引けでは-3.23%の下落で直近高値の4500円には戻せていません。

 

果たしてこれが明日以降の値動きをどう意味するものなのか注目ですね。私見ですが、大爆発的な出来高で下落なので長期線+節目の4000円を目指すのか?と思っています。そのあとはこれだけ長く上げてきた銘柄なので反発、4500円もしくは5000円付近で攻防する流れではないかなと・・・。

まとめ

以上からスタートトゥデイの今後の値動きで注目するポイントは

 

・陽線とはいえ本日の爆発的な出来高での下落がどう効いてくるのか

 

・日足の長期線で反発する可能性が高いが出来高はどうなるか

 

・長期線まで下がらない場合は高値にどういった形で向かうのか(エネルギーを感じるのか)

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

<再考察記事はこちら!>