ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

テリロジーの本日までの値動きを個人的に分析してみた!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているテリロジー【3356】の本日までの値動きについて考察してみました。

 

よく知りませんが増資だかなんだかでPTSが大幅安になっているらしいですね。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

 

f:id:higedura:20181220224723p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

テリロジーの日足チャート

では考察を述べていきますがその前にひとつだけ。これは通常の考察記事とは違いPTSで大幅安になっていることを知った上で書いているものです。

 

だから考察記事というよりは事後的に自分の見解を述べている記事、という表現が正しいのでしょう。 ですが、私は少し前からそろそろ上昇トレンドも終盤かなと感じていました。

 

その理由を書いていますが、PTSの状況を知っての記事なのでご承知の上で読んでいただきたいです。

 

また、記事の趣旨はあくまでテクニカル分析の観点から個人的な意見を述べているだけです。

 

テリロジーは今となっては上昇トレンドが崩れていることはチャート的に明白ですが、だからと言ってここからすぐ下降トレンドになると言いたいわけではありません。

 

値動きの性質として上昇でも下降でもそのあとは「保ち合い」になるのが普通です。強い銘柄は保ちあった後復活しますが、そうなるかもこれからの値動きを見ないとわかりませんのであしからず。

 

グランビルの法則から考える

ではテリロジーの日足を見てみましょう。

 

今から出すチャートは6月から本日までの日足に中期線と長期線に近づいたり触った箇所と何回目かを示したものです。

 

確か以前にも書いたかと思いますが、移動平均線に何回触ったのかは重要な要素です。移動平均線は例えば上昇トレンドであれば株価を反発させる力がありますが回数を重ねるごとにその力は弱まっていきます。

 

  1. 何度も株価を跳ね返していると反発力はなくなっていく
  2. やがて下抜けて次の平均線が支える
  3. やがてそれも下抜けて保ち合う
  4. また上昇トレンドもしくは下降トレンドに移行

 

こんな習性が移動平均線にはあります。今回のテリロジーも同じことが起こっているので見てみましょう。

 

f:id:higedura:20181220233057p:plain

 

株価がきれいな上昇トレンドを描いていますが、その過程でそれぞれ3回触っています。

 

中期線は1回目は割り込まず、2回目は少し割り込み、3回目で大きく割り込む。

 

長期線は1回目は近づく、2回目は割り込んですぐ戻す、3回目は反発、4回目は・・・明日大きく割り込みそうです。

 

これは確かグランビルの法則の中で謳われている現象でもあり、私が発見したわけではない移動平均線の性質。違ってたらごめんなさい。

 

移動平均線とローソク足の関係性から少しずつ反発が弱まってきてるのかな?と感じてました。

 

ローソク足と出来高から考える

次にローソク足と出来高から考えてみましょう。

 

f:id:higedura:20181220233854p:plain

 

まず10月前半の高値での出来高を伴った大陰線。中期線で反発できず翌営業日長期線近くから寄り付いていますがそこから前日を大きく上回る出来高で陽線へ。

 

そして最終的には直近高値付近まで戻すという値動きへ。踏み上げですかね?

 

正直、10月の最初に出来高を伴った大陰線をみたときにいよいよか・・・と思っていましたがここまで戻すのは本当にすごい。

 

安いところ買うぞって人が相当いたんでしょうね。

 

でも一度高値で大陰線引くとそこで巻き込まれた人がかならずいるのでまた売られて出来高を伴って長期線を割り込んで頑張って長期線上まで戻ろうとするんだけど出来高を伴って大陰線引いて。

 

それでも長期線上まで戻して保ち合いさせて上抜けて、でも3営業日前にまた出来高を伴った陰線で長期線を割り込んだ。

 

こうして振り返ると最初の大陰線で大きく株価がブレ始めて値動きに安定性がなくなってますし、大事な場面で出来高が増えて陰線引いてますよね。

 

実はひげづらメソッドの保ち合いの極意でも書きましたが、高値で大きなローソク足が出ると大きく株価がブレる。そしてその前兆も実は以前の値動きに出ています。

 

ローソク足と出来高の関係からもなんとなく弱さが出始めているなと感じていました。

 

 

まとめ

簡単ですがこんな理由で私はテリロジーの上昇トレンドが終盤に入っていると少し前から感じていました。あまりに人気銘柄でアンチも信者も多く言いませんでしたが。

 

冒頭で書いたように事後の記事なので流して頂いてかまいませんし、まず目先考えるのは保ち合いに入る流れです。

 

この銘柄でたくさんの方が大きな資産を得たようなのでほんとにすごい銘柄だと思いますが、同時に上がり続ける銘柄はやはりないのだなとも思いました。

 

いずれ上昇する気配が出てきたらまた私も売買させてもらおうかなと注目しています。

 

あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com