ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

東京応化工業は日中押し目からブレイクするも買いが続かず!まだ監視する価値はあります!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

さて、今回は何かと話題になっている東京応化工業【4186】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

 

f:id:higedura:20190215164937p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

東京応化工業の5分足チャート

f:id:higedura:20190215165043p:plain

 

本日は決算後の値動きで寄り付きから一気に上昇、そこから押し目形成に入り高値まで反発しましたが、大引けにかけてダラダラと下げる展開でした。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の赤丸部分です。理由は出来高を減らしながら下げる典型的な押し目だったから。もう読者さんにはおなじみですね。

 

そこからじわじわと上げて、押し目形成部分の高値に並ぶと・・・

 

f:id:higedura:20190215165518p:plain

 

図の赤枠部分で出来高が増えました。これがTwitterで「ここでブレイクしたいところ」と言った理由です。そこから無事にブレイクしましたが、青枠部分で連続して出来高を増やして陰線。

 

これが下がりますよーという合図になりそこからは買われることはありませんでしたね。当然、私もこの陰線で逃げています。

 

中期線で反発するかも見てましたが流れからいってもやはり微妙でしたね。

 

大引けには長期線を下抜け、日足がかなり弱そうな状況に変わっています。ここからどうなっていくか様子見です。

 

 

東京応化工業の日足チャート

f:id:higedura:20190215165216p:plain

 

本日は出来高を伴って陽のトンカチ。長期線を大きく上抜けたのに残念です。

 

ただし、ここから反発していくパターンももちろんありますので出来高推移を確認しながら監視する価値は十分にあります。

 

大きな反発を見せたときはすかさず値幅を取れるようにしておきたいですね。 

 

 

まとめ

以上から東京応化工業の今後の値動きで注目するポイントは

 

・日足のローソク足の影響

 

・トンカチのあとに出来高が減って下げるか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com