ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

UberEatsとは!?おすすめお小遣い稼ぎをチェキラ!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

昨今では働き方改革などと言われ、お休みや勤務形態についての議論がかわされることも多くなりましたよね。そんな議論から派生する悩みは「現在の収入」に満足しているか、ということだと思います。

 

本業では残業をやらせてもらえなかったり、しても残業扱いにならなかったり・・・ということもあるでしょう。そんなことならいっそのことダブルワークしようと考える方も多いようです。

 

今回はそんな流れを受けまして、最近噂になっているUberEatsについてご紹介します。投資じゃなくてもこういった王道のやり方でお小遣いを稼ぐのも確実で良いですね!

 

f:id:higedura:20181110141922p:plain

 それではひとつずつみていきましょう。

 

UberEatsとは?海外発のフードデリバリーサービス

UberEatsとは海外発のフードデリバリーサービスで、自分の空いた時間を活用してフードデリバリーを行い報酬をもらえるというものです。派遣とは全く違う業務形態で、シフトはありません。

 

自分が配達できるときにアプリをオンライン表示するだけで良いんです。

 

ダブルワークをしたくても新しい職場で人間関係を築いたり、自分のペースでお休みが取りづらくなるのは嫌だ・・・という方にはなかなか良い選択肢だと思います。

 

UberEatsは個人事業主として自分自身で仕事のペースを決められるので手軽にお小遣い稼ぎしたい人も、がっつり短期間に稼いでまとまったお金を作りたい人にも人気なサービスとして人気が出始めているようです。

 

UberEatsの業務形態

UberEatsでデリバリーされる料理は地域で提携されるお店の料理です。提携先の料理を配達員として登録したあなたが注文者にお届けして報酬を受け取るというわけですね。

 

提携先はコスト面でも時間面でも効率よく収益を上げられ、出来たてをお届けできるのでメリットがあります。配達員も自分の空いた時間を有効活用して収入を得られるのでメリットがあります。

 

配達手段

用意されている配達手段は

  1. 自転車
  2. 原付きバイク
  3. 軽貨物車両

です。各都市の条例などにもよりますが、基本的には自分が好きな手段で配達ができるようですね!

 

UberEatsの収入は週単位

UberEatsに登録するだけで1時間だけでも、1日だけでも、週末だけでも、毎日でも自分の好きな時間に収入を得ることが可能です。また、支払いは週単位で行われるのも嬉しいところ。

さらに、支払状況はパートナーアプリでいつでも確認できます。

 

配達する流れ

配達員は準備ができたらパートナーアプリをオンラインにし、配達リクエストを受け付けます。リクエストがきたら、アプリに注文者情報や配達場所が表示されるので提携レストランから注文者までお届けするだけです。

 

アカウント登録の流れ

  1. まずこちらからアカウント登録を済ませます。
  2. アカウント登録が済んだらオンライン上もしくは郵送で身分証明書や運転免許証等必要書類を提出します。
  3. 最後に最寄りのパートナーセンターでアカウントを有効化してもらえば準備完了!

 

サービス展開都市

現在、UberEatsでは東京・埼玉・川崎・横浜・大阪・京都・神戸でサービスを展開しています。展開地域に住んでいる、もしくはお近くに住んでいる方はぜひ登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

UberEatsに登録する人はどんなひとが多い?

誰でも簡単に始められるUberEatsですが、登録する人はどんな人が多いのか聞いてみました。回答は

 

  1. 副収入を自分のペースで稼ぎたい人
  2. バイトやダブルワークをするには時間調整が難しく、いつ働けるかわからない人
  3. 空き時間をお金に変えたい人
  4. 学生や主婦など少しだけでも稼げれば良い人
  5. 自分一人で働きたい人
  6. デリバリー業を考えたことがあるが業界の雰囲気がわからずふんぎりがつかなかった人
  7. 単純に知らない人と話す機会が好きな人

 

とのことです。確かに学生やアクティブな主婦、空き時間の予想がつかない人には向いているなと感じました!

 

まとめ

 

いかがでしたか?今回は都市圏を中心に人気が出始めているUberEatsについてご紹介しました。海外らしく自由気ままな勤務形態なのであらゆる人におすすめできる副業形態ですね。興味がある方はぜひチェックしてみて下さい!それではまた!

 

www.higedura24.com