ひげづらの明日やろうはバカ野郎

  Twitterで話題な銘柄、長期投資方法、たまに子育てについて情報発信

MENU

ワークマン前回考察で述べた三角保ち合い上抜けか?値動き再考察!

SPONSORED LINK

どうも、ひげづらです。

 

さて、今回は何かと話題になっているワークマン【7564】の今後の値動きについて考察してみました。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。色んな材料とか買い残とかはあまり見てません。

 

※ 私見を書いているだけです。くれぐれも投資は自己責任でお願いします(;・∀・)

<前回記事>

www.higedura24.com

 

 

f:id:higedura:20181108160638p:plain

それではひとつずつみていきましょう。

 

ワークマンの週足チャート

f:id:higedura:20181203201918p:plain

前回考察では高値で売り買いが戦っていること、週足中期線で反発できるかに言及しました。今日までの値動きではとりあえず反発できているようですね。

 

これで前回考察で述べた8000円目安に上昇するシナリオも出てきました。

 

ワークマンの日足チャート

 

f:id:higedura:20181203202137p:plain

 

前回考察では下降型の三角保ち合いの可能性に言及し、ここを上抜けると面白い展開になりそうだと言及しました。

 

また、6600円から7000円を目安に拾って、長期線が上がってくることを予想して6400円をロスカットラインにする(長期線割り込みでロスカット)とも言いました。

 

本日は三角保ち合いを上抜けたような値動きを見せたので、上昇の期待が出てきました。下降型三角保ち合い上抜けの場合は高値の試練が待ち受けている状況になります。

 

7500円の節目、直近高値に負けて下がったりしないか観察していきたいですね。

 

 

 

まとめ

以上からワークマンの今後の値動きで注目するポイントは

 

・日足の三角保ち合い上抜け後の値動き

 

・週足の陰のトンカチがどう影響するか

 

といった感じでしょうか。あくまで私見ですのでこんな意見もあるのかくらいに参考にしてみて下さい(;・∀・)それではまた!

 

<関連記事>

www.higedura24.com