デイトレは指値と株価アラートどっち使うか

デイトレで株価アラートか指値を選択するかは値動きによるという話

    

兼業でデイトレをやっている人は経験があると思うのですが、気になっている銘柄にあらかじめ指値をしておくか株価アラートのみに留めておくか判断に迷ったことありませんか?

常に相場に張りついていられる方は違うのでしょうが、兼業投資家でデイトレをしている場合は指値を放置しておくのも怖いものです。

内容としてはかなりニッチなものですが、これってパフォーマンスに割と関係してくる問題で地味に悩ましいんですよね。

そこで今回は上記の点について私の考えを述べたいと思います。特別なことは言えませんが悩んでいる人がいたらご参考下さい。

デイトレにおける指値と株価アラートの違い

まず簡単に指値と株価アラートの違いについて述べます。

指値は「あらかじめ欲しい価格に注文を出しておく」という行動なので、当然ながら株価がそこにくれば注文が成立しますよね。

ということは自分が値動きを見落としていてもちゃんと約定してくれるわけで、例えば兼業投資家さんなんかは「指値を放置しておいたら約定していた」なんて経験があると思います。

つまり株価がそこにきてさえくれれば売買ができちゃうというのが大きな特徴です。

一方で株価アラートは「欲しい価格の近くに仕掛けて注文時期が近いことを機械的に知らせてもらう」という行動なので、言わばリスクのない指値みたいなニュアンスで使えて

  1. 株価アラートが鳴る
  2. 鳴った時の状況判断をする
  3. 大丈夫そうなら本当に指値する

というリスクを下げた指値運用ができます。

ただし、約定しないということは見落としてしまった場合に機会損失してしまうというケースにもつながりますよね。

自分が見落としてしまった場合には売買ができず、指値をしていればこんなに利益が出ていたのにという経験も実際にありました。

こういった「約定しないこと」をリスクと取るか保険と考えるかはケースバイケースなので悩ましいわけです。

両者の使い分け

じゃぁどちらを使った方が良いのかという話ですが、これはデイトレを狙っている銘柄によるでしょうね。

例えば比較的値動きスピードが遅めな銘柄であれば、株価アラートを仕掛けておいてゆっくりと判断するのでも全然大丈夫だと思います。

上記のような時価総額が大きくてゆったりとしたチャートは株価アラートがしっかりと機能する銘柄ではないでしょうか。

逆に値動きが激しい銘柄であればあらかじめ指値をしておかないと、株価アラートでは反発タイミングに置いてきぼりにされる可能性があると思います。

例えば上記のような時価総額が小さい、もしくは話題性があって資金流入が激しくなっているチャートは株価アラートでは間に合わない可能性があるわけです。

買いたい価格にきた瞬間に反発して下髭を引いたなんてことはしょっちゅうあるので、指値して待っていないと買えません。

ただし、ここで考えておきたいのは株価アラートであれば「自分の予想を超える値動きがあっても関係がない」ということ。

例えばあなたが「もう少し下げてから買いたいな」と株価アラートを仕掛けたとしましょう。

その後の値動きで株価アラートが鳴ったものの垂直落下で下げてきた場合だったら?

指値はまだ出していないので、そのまま当初から想定していた指値位置をずどーんと下抜けても全く関係ないですよね。

もし株価アラートでなく指値注文をしていた場合は「約定した瞬間に大きな含み損を抱える」ということになりますが、株価アラートはそうならないわけです。

指値が適している値動きの激しい銘柄ほどそうなる可能性があるので、こういったリスクを許容できるかどうかも選択に関係してくるとは思います。

現代の証券会社では指値と同時に損切り設定もできるのでそこまで大きなリスクにはならないとは思いますが、損切りは成行で行われるのが普通なので思わぬ金額になる可能性もありますよね。

ちなみに指値も株価アラートも両方使うという考え方もあって、それも良いと思います。

その場合は指値をしたい位置のさらに手前にアラートを仕掛けて、そこから値動き観察をする流れですね。

もし指値しても期待値が薄そうだったら取り消しをしてあげれば大丈夫ですが、手順としては少々面倒ではあります。

まとめ

今回はデイトレで指値と株価アラートをどう使い分けるかという点についてお話しました。

基本的には狙っている銘柄の値動きによって使い分けて、株価アラートでは置いて行かれそうなら指値をしておくべきです。

ただし指値で約定した結果、下に持って行かれたということもあるのでそのリスクは許容しなければなりません。

最近では楽天証券だけでなくSBI証券にも株価アラートが搭載されましたが、自分が納得できる選択肢を取りながらデイトレを楽しみたいですね。

関連記事には

がありますのでご参考ください。それではまた!

    

デイトレは指値と株価アラートどっち使うか
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク