「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

株のエントリーポイント!中期線を活用した簡単テンプレ!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

今回は私が主にデイトレで活用しているエントリーポイントをご紹介します。

もちろん百発百中ではないですが、大きく利益を取ったことも多いテンプレートかつ場合によってはスイングにも活用可能です。

機会があればぜひ活用してみてくださいね。

株のエントリーポイント定義

株のエントリーポイントで大事なことは再現性です。

このときの再現性とは

  1. 同じ状況が頻発すること
  2. その状況でエントリーした結果が同じになりやすいこと

を表しています。詳細はこちらの記事で。

www.higedura24.com

今回ご紹介するエントリーポイントのテンプレは私の考える限りでは割と再現性がありますね。

もちろんデイトレで100%勝てる方法はないのですが、私はこのテンプレで利益を得たことが何回もあります。

しっかりと見極めて活用してください。

 

中期線サポートを活用したテンプレ

では今回ご紹介するエントリーテンプレのシェーマを見てみましょう。

f:id:higedura:20190406130332p:plain

値動きのポイントを順番に言うと、

  1. 寄り付きから急騰して大きく中長期線から乖離する
  2. 高値から調整が始まり、上下に値動き
  3. 上下しながら中期線にタッチ、そこから中期線に沿った値動き
  4. 直近の値動きの影響で中期線が下向き始めると株価だけ上に進む

といった感じですね。

デイトレの場合、急騰銘柄の朝一の押し目を拾うことに注力するのは非常に効率的です。

しかし、銘柄によっては押し目からの反発出来高が弱く寄り付き高値までしか値幅が取れないケースもあります。

そういった場合、まだ朝一の押し目がきていない他の銘柄に移ったりするわけですが、うまくいかないこともあるわけです。

そうなると前場の残り時間や後場でもう少し利益を得たいと思いませんか?

そんなときにその手段となるのが今回のシェーマです。

シェーマの性質的に

  1. 急騰でついてきた売り圧力を十分振り払う
  2. 急騰したものの中期線まで調整を入れなければならない
  3. 中期線サポートになるか確認しなければならない

ということがあるので、比較的出番は遅いんですね。

朝一がうまくいかず、ちょうど利益が欲しい時間帯に出番がくるので私は重宝しています。

エントリーポイントとしては

  1. 上下動の安値付近
  2. 中期線サポート確認後の中期線タッチ
  3. 中期線離れのタイミング

のどれかがおすすめです。

安全に行くなら値動きが中期線で止まり、まとわりつくように推移し始めたかを確認するのがコツですね。

上下動の安値はテンプレのパターンに入るかはまだわかりませんので。

ロスカットは中期線を明確に下抜けとします。

ただし、「明確に」というのがポイント。

中期線にまとわりつく値動きであればよいので、当然中期線のすぐ下で推移することも往々にしてあります。

下抜けても切り上げながら中期線についていけば継続して構いません。

これはあきらかにダメだなというくらいの下抜けでロスカットしてください。

 

中期線サポートエントリーの実例

では私が実際にトレードをしたチャートをお見せします。この記事を書くためにスクショを取っておきました。

再現性があるよとわかってもらいたいので複数用意してます。

f:id:higedura:20190406132542p:plain

f:id:higedura:20190406132551p:plain

f:id:higedura:20190406132600p:plain

f:id:higedura:20190406132608p:plain

f:id:higedura:20190406132622p:plain

いかがですか?見てもらいたいポイントとしては

  1. 板が厚い銘柄が好ましいが、板が薄そうな銘柄でも機能する
  2. 中期線離れからずーっと上げ続けるわけではない
  3. 上下動では出来高が連動して上下
  4. 中期線に近づくにつれて出来高減少
  5. 中期線を下抜けるタイミングもある
  6. 中期線離れ後に出来高増加が理想
  7. 移動平均線乖離率が0で中期線タッチを測る
  8. 上下動の影響でMACDデッドクロス中の可能性あり

といったことですね。

今回のテンプレは実は日足で活用することでスイングも可能。

  1. 材料で急騰
  2. 高値圏でヨコヨコ
  3. ヨコヨコから移動平均線サポート
  4. 再急騰

というパターンですね。急騰後に移動平均線サポートを受けている銘柄があったら試してみてください。

ちなみに、利益確定は個人の感覚なのでこちらの記事を参考に考えましょう。

www.higedura24.com

 

エントリーポイントの周知は大丈夫?

エントリーポイントを解説して大丈夫?という方もいらっしゃるかもしれませんが、

結論的には問題ありません。

なぜなら株式市場の穴やシステムを利用した手口ではないから。

むかーしから存在する値動きの特性を活用したエントリーポイントなので全然問題ありません。

むしろみんなが知ることで同じように活用してくれ、好都合です。

グランビルの法則は広く知れわたっているけど、確かに値動きの中に息づいていますよね?

それと同じです。あくまで個人的な見解ですが。

それにまだ私には色々なノウハウが残っているので、例えこれが機能しなくなっても大丈夫。ご心配なさらずに。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は中期線サポートを活用したエントリーテンプレをご紹介しました。

デイでもスイングでも応用できるので色々と試してみてくださいね。それではまた!

 

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク