安値高値は株やFXにおいて超重要概念であることをチャート解説!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

みなさんはトレードの際に過去の安値高値を気にしていますか?

もし気にしていない、という方がいたらそれは改めたほうがよいでしょう。

安値高値はトレードをする上で、過去の値動きの中で価格が抵抗や支持を受けた部分が視覚的にわかる非常に重要な概念です。

この記事ではエントリーや利確、損切りといった基本行動に影響を及ぼす可能性がある安値高値の概念をチャートを用いて解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

安値高値とは

まず安値高値について説明します。こちらをご覧ください。

f:id:higedura:20190125164530p:plain

これは直近の日経平均の日足チャートです。安値高値とは値動きの中で・・・

f:id:higedura:20190125132947p:plain

黒丸部分のように折れ曲がったり飛び出ている部分を言います。細かい安値高値で丸つけていないものもありますが、見づらくなるのでつけていないだけです。

しかし、大衆の心理として意識されやすい安値高値とは、チャート上でカクッと曲がっている部分や、ヒゲが伸びて飛び出ている部分などわかりやすいものであることは間違いありません。

そして大衆がわかりやすい安値高値を意識することであることが起こります。

それは・・・

f:id:higedura:20190125165141p:plain

こんな風に同じライン上に安値高値が並ぶという現象です。これは言い換えると

  1. 直近の安値が新たな安値を、直近の高値が新たな高値を同じような価格で形成しやすい
  2.  何か月経過しても直近安値(高値)が機能している
  3. 安値高値を抜けると安値は「抵抗帯」に、高値は「支持帯」に変化する

といったことになります。こういった理由から直近の・・・いえ過去の安値高値は非常に重要な概念なのです。

 

安値高値と時間足

安値高値の概念はどんな時間足でも機能します。もちろん100%ではないですよ?

100%機能するなら永遠に同じ価格帯ですからね。笑

こちらをご覧ください。

<日足>

f:id:higedura:20190125172102p:plain

<5分足>

f:id:higedura:20190125172314p:plain

上が日足、下が同じ銘柄の5分足です。どちらもチャートの中で安値高値が並んでいることが確認できますよね。

安値高値は日足だけでなく5分足や週足、ときには月足でもしっかりと機能します。また、日足の安値高値でも5分足で機能するといった具合に時間足を飛び越えて機能することもあります。

どんなスタイルのトレードでも必ず、全ての時間足で安値高値の確認を行うようにしてください。

 

安値高値と出来高

安値高値はチャートを見て「あーここが安値ね!はいはい!」ではダメです。

正直見なくても機能しちゃうこともあります。ありますが自分の中でこの辺の価格が大事だなと考えるためには合わせて確認するものがあるんです。それは

出来高

です。例えばこのチャートを御覧ください。

f:id:higedura:20190125223626p:plain

ある銘柄の日足チャートです。左側の赤枠部分では長期線を超えたものの高値でもみ合ってしまっていることがわかりますよね?

しかもその中で爆発的な出来高を伴っているのにも関わらずそこから上がっていくことができていません。ここで高値形成です。

しばらくすると少し値を落としますが数カ月後にまた右側の赤枠部分で高値の価格帯まで戻ってきます。

右側の赤枠部分では左側の出来高を伴った高値を超えていますが、出来高を比較すると物足りません。右側も決して少なくはないのですが左と比較すると負けています。

右側の赤枠後もやがて下落する値動きになりそのまま下降トレンドに移行となりました。

以上の流れの中で、ポイントを挙げるなら

  1. 左側の赤枠では長期線を超えてもみ合ったところで強烈な売りが降ってきたと推測できる
  2. 左側の赤枠の高値では売りに捕まった投資家が多そう
  3. 右側の赤枠で戻り高値になっても捕まった人たちの売りが邪魔をしている

ということでしょうか。簡単にまとめると

出来高を伴ってできた高値では値動きの邪魔が多い

ということです。あくまで私見ですが!

この考え方は価格帯別出来高で置き換えても構わないと思います。その価格帯で出来高が膨らんだあとに下落すれば当然しこりになりますからね。

例は高値でしたが、安値でも逆のことが言えます。

以上の理由から安値高値を確認するときは合わせて出来高もチェックしておくと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はトレードの重要概念である安値高値について解説しました。

安値高値を気にせずトレードしていた方はこれを機会に意識してみると良いでしょう。

次の安値高値に関する記事は「株の高値更新!新高値をつけるときの値動きについて解説!」です。

それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク