「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

これから上がる株をスクリーニングする方法!買い集められている株を探せ!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

株式投資の世界では機関投資家が株を買い集めたあと上昇が起こると言われています。

これらの動きはチャート上に表われ、アキュミレーションとか買い集めという言葉で表現されていますよね。

こういった未来の上昇をイメージさせるような動きをしている銘柄を事前にスクリーニングしておけば、上昇前に買っておくことも可能というわけです。

そこでこの記事では買い集めやアキュミレーションといった動きをしている銘柄を簡単にスクリーニングする方法をご紹介します。

スクリーニングで出てきた銘柄全てが上がるわけではないですが、事前に怪しい銘柄をピックアップする手助けにはなるでしょう。

株の買集め、アキュミレーションのチャートを知る

まず最初に株式投資で「買集め」や「アキュミレーション」と呼ばれるチャート形状について知っておきましょう。

百聞は一見にしかずと言いますので図で紹介します。こちらをご覧下さい。

f:id:higedura:20190511111430p:plain

ポイントとしては

  1. 大局的な流れはある価格帯を基準とした横ばい
  2. 横ばいの中で所々、一過性に「株価上昇+出来高増加」
  3. 上昇したあとは再び基準価格に戻る

といった点ですね。この株価推移の底値としている価格は場合によってはふるい落としに活用されることもあります。

また、ある価格帯を基準に横ばいのこともありますが、ボックス推移と呼ばれるような規則的な波形を描くケースもありますね。

いずれにせよ安値圏をずーっと横ばい推移していて、たまに出来高が盛り上がるような銘柄は「買集め」や「アキュミレーション」の徴候と考えます。

これから上がる株をスクリーニングする方法

ではこういった銘柄はどのようにスクリーニングすれば良いのでしょうか?

やり方は簡単で、証券会社が提供しているチャート形状スクリーニング機能を活用します。

例えば、松井証券にはチャートフォリオというチャート検索ツールがありますので、

  1. 期間:日足3ヶ月もしくは6ヶ月
  2. チャート形状:下値で横ばい?

を選択してあげます。すると・・・

f:id:higedura:20190511111745p:plain

こんな感じで先ほど紹介したような「買集め」、「アキュミレーション」と呼ばれるチャート形状に似たものをピックアップできるんです。

繰り返しますが、スクリーニングで出てきた全ての株が後々上昇するわけではないので注意して下さい。

ここではあくまで株価推移から見た怪しい銘柄をピックアップしただけです。期待値をしっかりと測るためには

  1. 業績
  2. 材料や銘柄背景
  3. 近い将来のテーマ性

といったことを見ていく必要があります。

今回松井証券を例に解説しているのは、期待値を測るのに松井証券が提供しているオリジナル業種が役立つからです。

例えば、2019年5月は10連休という大型連休がありましたよね。

このスクリーニングを行ったのが2018年末だとすれば、「来年は大型連休があるはずだから、旅行関係の銘柄で買集められていそうな株を探そう」と考えるんです。

こういった思考を踏みながらオリジナル業種を駆使していくと期待値が高そうな株を先に買うこともできます。

スクリーニングのあとは損切り設定を底値かその少し下にしておく

このスクリーニング方法は先乗りするというテーマで行っているものなので、保有期間も長くなる可能性もあります。

いくら自分の考えで期待値が高いからとはいえ、底値やその少し下を目安に損切り設定はしておくべきでしょう。

もし底値をふるい落としに活用されたとしても一度素直にふるい落とされて、再度株価が戻ってきたときにまた買い直せば良いのです。

そうすれば必然的に自分も少しずつ買集めることになりますし、チャートに合わせた動きを意識するはずですね。

また、保有期間が長くなれば決算をまたぐ可能性も上がりますので、事前に決算月を把握しておきリスク低減に努めることも重要です。

株価は思惑で大きく動く部分があり、実際には業績が伴っていなくても上昇することもあるでしょう。

ゆえに自分が考える時期よりかなり早めに株価が動き出すこともあります。例えるなら大型連休で特需が出るからといって大型連休と一緒に上昇するとは限らないということ。

早め早めかつリスクを抑えた控えめな投資行動を意識しながらスクリーニングしてくださいね。

松井証券の口座を持っていない方はこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。無料かつオリジナル業種でスクリーニングできるので活用しない手はありません。

松井証券公式ホームページ

まとめ

いかがでしたか?今回は買集めやアキュミレーションと呼ばれるチャートをスクリーニングする方法と注意点を解説しました。

株価推移から怪しいものを見つけて、その銘柄の背景を考えていくことが重要です。ぜひ近い将来の思惑を色々と連想してみてくださいね。

その他のスクリーニング方法は

  1. 超絶簡単にデイトレ銘柄を探す方法
  2. 超絶簡単にスイング銘柄を探す方法
  3. 大型株を簡単固定リスト化する方法
  4. CANSLIMを活用して有望スイング銘柄を探す

があります。こちらもご参考ください。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク