「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

株トレード日誌のつけ方テンプレ!勝つための習慣として推奨します!

    

どうも、ひげづらです。

今回は銘柄を買ったときに私がつけている売買記録のテンプレートを公開します。

スイングやデイトレに限らずつけており、簡易化するためにエントリーポイントの記号なども考案していることが特徴です。

どの組み合わせのエントリーが高勝率なのか、失敗するトレードの共通点など得るものが多いのでぜひ参考にしてみてください。

トレード日誌の例

ではさっそく私のトレード記録のテンプレートをご紹介します。

画像で申し訳ありませんが、これを参考に作成してみてください^^

株トレード日誌テンプレート1

f:id:higedura:20180912222807p:plain

特に気になったトレードを手書きのチャートを添えて備考に考察を書くタイプのテンプレートです。画像はデイ用のものなので日中の地合いや時刻、日足と5分足を載せるようにしています。

スイングの場合は日中ではなく直近の地合いや週足、日足などに変えて記録しています。

サイクルNoは後述するエントリーサイクル表から記号を載せます。ひげづらスペシャルのどこのエントリーポイントを使用したのかが個人的に重要なポイントなのであとあと見返す際にもここは必ず見る部分ですね。

MACDやRCIは「GC中」、「DC中」、「0ライン反発」、「ダブルボトム後GC」、「長期張り付き短期押し」などなど適当に書いています。わかるのであれば○とかXで簡易的に書くだけでもいいとは思います。

空欄があれば感想や反省点も個別に書いたりと、枠にとらわれず割と自由に書いていますよ!

 

株トレード日誌テンプレート2

f:id:higedura:20180912223206p:plain

さっきのテンプレの簡易版でチャートがないタイプです。デイトレなど忙しいときはこれでパパっと書いておいてあとでテンプレ1で書き直したりって感じで使ってますね。

1枚で10トレード記録でき、株の場合は1日でそんなに多くはトレードしないので1日1枚で足りることも多いです。

エントリーサイクルNo.表

f:id:higedura:20180912223431p:plain

テンプレに記載してあるサイクルNoを一覧で見れて、それぞれのエントリーポイントを説明してあるものです。

ファイルの裏表紙に添付して、見ながらトレードしたり記載したりしています。

シェーマがあるとイメージがつきやすくてかなり助かっています(笑)

あとで見返したときに「A4は勝率高いなぁ・・・」とか「A3のときはほとんどMACDが点灯しないからあまり気にしなくていいな」とか記号があることで頭の中で整理するときにも役立ちます。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はほんとうに簡単にですがトレード記録を皆さんにも勧める目的でテンプレートをお見せしました。

ご自分が好きな内容でテンプレートを作って記録してみてください。見返した時にきっと発見があるはずですよ^^

また、こういったトレード練習を合わせて行うとより効果的です!

www.higedura24.com

私はこれらを組み合わせて徹底的に行って勝てるようになりました、ぜひ参考にしてみてください。

それではまた!

 

 

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク