GMOクリック証券の分析ツール

GMOクリック証券の分析ツールはぶっ壊れ性能でおすすめ!あらゆる情報を時系列で視覚化!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

株式投資の世界では「テクニカル分析」を行っている方はかなり多いですよね。

その理由として

  1. テクニカル分析は比較的取りかかりやすい
  2. チャートは日々確認しやすい情報であり、株価推移がわかるものだから
  3. 株本はテクニカルに関するものが多い
  4. 説明しやすく、浸透しやすい面がある

といったことが挙げられるのかなと思います。

しかし、逆に言えばその他大勢と差をつけるためにはテクニカル以外のことをやる必要があるわけです。

そのひとつとして大きなものは「銘柄分析」でしょう。

GMOクリック証券が提供している分析ツールは他の投資家と差をつけるために必要なものです。

  1. テクニカル分析のみで上手くいっていない!
  2. 同じセクターの中でどれを攻めたらいのかわからない!
  3. 他の人より大きく稼げるようになりたい!

こういった人はぜひご活用ください。

もちろん口座さえ持っていれば全て無料です。

GMOクリック証券の分析ツールとは

GMOクリック証券の分析ツール

GMOクリック証券が提供している銘柄分析ツールは

  1. 株価分析
  2. 財務諸表分析
  3. 経営分析
  4. シミュレーター

の4つです。

これらを使うと、気になる銘柄のどんなことがわかるのかを説明します。

株価分析

まず最初は「株価分析ツール」についてです。

株式投資では「安く買って高く売る」ということが非常に大事ですよね。

というか極論を言えば、これさえできれば簡単に利益が出るわけですよ。

しかし、多くの場合は「現時点でこの株が割安なのか割高なのかがわからない」というのが悩みでしょう。

そこで登場するのがGMOクリック証券の株価分析ツール。

これを使えば銘柄の割安度が一発で視覚化できちゃいます。

具体的には

  1. 事業にどれくらい稼ぐ力があるか
  2. 会社がどれだけ資産を抱えているか
  3. 会社がどれだか借金があるか

を自動で調べて、理論株価を出してくれるツールです。

もし理論株価より現在価格の方が安ければ、その株は割安株だとわかります。

財務諸表分析

次に財務諸表分析ツールです。

これは「その会社のお金の流れがどのように変化してきたか」を一発で視覚化する機能と言えます。

財務諸表とは主に

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書
  3. キャッシュフロー計算書

の3つをまとめた名称です。

これらには会社がどのようにお金を使って、どのくらい借金を背負っていて、どういったことで利益を得ているかが書かれています。

したがってここを分析ツールで深堀りすれば、会社のお金面について知ることができるわけです。

例えば、会社の借金を表す「有利子負債」に着目して

  1. 順調に借金が減っているのか
  2. どかっと借金が増えた時期はないか
  3. 目立って増減している時期にどんな材料が出ているか

を調べていけば、会社の財務面がよくわかりますよね。

他にも営業利益の推移をグラフで確認すれば

  1. 直近10年で本業がどれくらい成長したか
  2. 大きく伸ばすきっかけになったのは何か
  3. きっかけ事業の現状やこれからはどうか

といった本業の良し悪しがわかるわけです。

こういった内容は株価の中長期的な推移に直結するので、チャートではわからない重要な部分と言えます。

経営分析

GMOクリック証券では経営分析ツールによって、

  1. 事業の効率性はどうか
  2. 仕入れ・生産・販売・回収の推移
  3. 投下したお金は効率的に収益となっているか

といったことが簡単にわかってしまいます。

例えば、仕入れがガンガン増えているのに回収が減っていたらどうでしょう。

本来なら仕入れが増えていれば、その分だけ売り上げも上がってくれないと困りますよね。

しかし逆に販売や回収が減少傾向なら「事業コストがかさんで苦しくなっていきそう?」と考えられるでしょう。

簡単に言えば、こういったいちいち過去に遡って調べないと到底わからないようなことが一発で視覚化されるぶっ壊れツールです。

シミュレーター

最後はシミュレーターツールですね。

こちらも無料機能としては中々のぶっ壊れ性能でしょう。

シミュレーターを簡単に言えば、「将来の株価がどれくらいになりそうか機械的に知ることができる」というもの。

GMOクリック証券のシミュレーターツールでは

  1. 売上成長率
  2. 営業利益率
  3. 償却
  4. 設備投資
  5. 割引率

の5項目のパラメーター設定値を動かして、株価がどう変化するかが視覚化できちゃいます。

例えば、

  1. 現状の成長率を維持した場合に株価はどうなるかな
  2. このまま設備投資が今より1.5倍になったらどうなるかな

など自分のさじ加減で理論株価の変化を調査可能です。

よくわからない場合でも3年平均や5年平均の値も流用できるので、株初心者でも使いやすいでしょう。

本当ならエクセルをせこせこと自作してやるような内容が、もっと使いやすく無料でできちゃうわけですね。

シミュレーションに対して割安かもわかるので、売買判断にもなります。

GMOクリック証券の分析ツールは複数銘柄で比較すること

上記の分析ツールは単体の銘柄に対して行っても効果的です。

しかし、おすすめは同業他社内で比較を行うことですね。

例えば携帯大手キャリア同士で比較したり、回転寿司チェーン同士で比較するという意味。

そうすることで、

  1. 同業他社の中で一番狙うべきはどれか
  2. なぜこの銘柄だけ調子が良いのか
  3. 1番手の後退が将来的に起きそうか

など色々な考察が可能となります。

これを現状で狙いたいテーマ株に対して行うわけです。

  1. 5G関連銘柄でどれを狙うべきか
  2. 新しく出てきた有望テーマの関連銘柄ではどうか
  3. 将来的に狙いたいセクターに目ぼしをつけておく

といったことをして、株価の先読みにつなげましょう。

GMOクリック証券の分析ツールを使えば、株初心者さんでも十分にこれが可能です。

まとめ

いかがでしたか?今回はGMOクリック証券の分析ツールについて話しました。

これだけではわからないこともあるかと思います。

ぜひご自身で試してみて、どんな良さがあるのか体験してみてください。

GMOクリック証券のツールは株初心者さんでも使いやすく設計されていると思います。

視覚的に色々なことがサクッとわかる良さがあるので、非常におすすめですよ。

ちなみに手数料や金利など通常コストも安い証券会社となっています。

外部参照リンク:GMOクリック証券公式HP

    

GMOクリック証券の分析ツール
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク