退場を防ぎつつ株で爆益を得る方法!準備に時間をかけるのも悪くない!

    

株の世界には退場という言葉があります。これは売買で大きな損失を被ったことで資金が枯渇すること、もしくはそれ以上の状況に陥るという意味合いです。一般的にはよほどの借金をしなければ再度資金を貯めて復活するという方が多いようですが、できればそもそも退場しないように気をつけながら運用した方が良いですよね。

ただ、後述するように退場しないようにする方法と爆益を得る方法は考えようによっては矛盾しているので、その点について掘り下げて考察していきたいと思います。

  1. なるべくリスクを排除して長く運用するための方法
  2. なるべく利益を大きくするための方法

どちらも考えておくことはとても良いことなので、ぜひ皆さんも一緒に考えていきましょう。

株の退場を防ぐ方法

まず株式市場から退場しない方法についてですが、正直これはとても簡単なことです。単純に退場リスクを下げるだけであれば「自分の資金以上の売買はしない」ということさえ守ればほぼ大丈夫でしょうね。

株の信用取引は仕組み上、そこまで大きなリスクは取れません。レバレッジも3倍程度までで、少しの値下がりですぐ追証ラインにもなってしまいます。であれば、元手の1000万円が信用さえあれば1億円にもなり得る不動産投資などの方がマシな気もしますね(私は不動産投資していないのでわかりませんが!)。

いずれにせよ退場一直線コースの「小型株にフルレバ(信用取引で最大レバレッジ売買)」などは絶対にせず、ちゃんと自分が背負える範囲でだけ現物取引をしていれば退場することはないです。ただ投機に関して言えば資金が100万円あるからといってその全てを常に株にしてしまうのは良くないので、自分なりにルールを設けないといけないとは思います。

投資目線の場合は自分で入金できる範囲でどんどん入金して株を買い、あとは配当や優待をもらいながら時間をかけてキャピタルゲインを狙うということができるので資金内の現物投資ルールを守れば退場することはないです。

株式市場から退場しないための方法は基本的にはこれだけで、逆に言えばこういったことを守らないだけで退場してしまうという点は非常に怖いですよね。

爆益を得るためにはリスクが必要である

一方、株式投資を行って爆益を得るためにはある種の原則のようなものもあるわけです。それは「入れたお金を基準にリターン額が決まってくる」ということ。どういうことかは

  1. Aさんは銘柄Aに100万円投資して株価5倍になった
  2. Bさんは銘柄Bに1000万円投資して株価2倍になった

という状況を考えればすぐわかります。上記の場合はAさんとBさんのどちらが大きなリターン額を得たのかは一目瞭然で、もちろんBさんですよね。

なぜならAさんは株価5倍になってもリターンは400万円ですが、Bさんは株価2倍で1000万もリターンを得ているからです。これはそれぞれの銘柄にどのくらいお金を投入していたのかが影響しているわけで、言い換えれば「爆益を得たければそれなりのお金を投入しないといけない」ということになります。

株価が2倍や5倍になることはそれなりにすごいことですが、どちらの場合でも10万円や100万円しか入れていなければたかだかそのくらいの利益しか得られないのは当たり前です。だからこそ多くの個人投資家が

  1. もっとお金を入れたい!
  2. でもお金が足りない!
  3. 信用取引を活用して大きく入れよう!

という思考に至り、失敗して株式市場という大きな海の藻屑となってしまうのでしょうね。

退場せずに長く株式市場に身を置くためには資金以上の売買をしてはいけないのに、大きく勝つためには大金を投じなければならない。このズレが個人投資家を苦しめているという側面はあると思います。

退場せずに爆益を得るための方法は?

では退場をなるべく防ぎつつ爆益を得る方法はどのようなものなのでしょうか。答えは簡単で「資金をたくさん集めて余力を大きくした状態で現物投資する」というのが正解だと思います。

先ほどのBさんがなぜ1000万円という大きなリターンを得られたのかというと、それは原資として1000万円持っていたからですよね。株価が倍になるような銘柄を見つけても、1000万円を投入できなければそのリターンは実現されません。

したがってまずは1000万円を手元に作ることが爆益を得るために大事なことになります(爆益と感じるのであれば100万円でも500万円でも良い)。ただ、例えば株式売買の経験がひとつもないようなおじいさんが1000万円を持っていてもそれが倍になるかはわからないです。ある程度は経験として

  1. こういった株は買ってはいけないな
  2. こういった株は良い結果になることが多いな
  3. 自分はこういう所を重視して買おう
  4. 買うタイミングはこういった状況だな

というものがないといけませんので、1000万円の元手を作ることに並行して少額で運用経験を積むことも重要でしょう。個人的には今から株を始める方がお金を蓄えることと経験を積むために最初の数年を費やしたとしても、それ以上のリターンがその先の10年や20年で得られるのではないかなという考えです。

まぁ数年でまとまったお金を貯めるにはそれなりの年収が必要ではありますし、それだけの職業や企業に就くことを求められる可能性も高いですが。そういう意味ではそもそも学生時代にちゃんと勉強していなかった人は株で大きく儲ける上で大きなビハインドを負っているのかもしれません。

そう考えると学生時代のたった10年でそれ以降の人生が金銭面で大きく楽になるわけで、この費用対効果はとても大きいと感じますね。

投資目線で儲かるための条件

話がそれましたが、退場せずに爆益を取るための方法をざっくり言うと

  1. 大きな元手を持つこと
  2. その範囲内で現物投資をすること

がベース条件になります。ここでベース条件という表現を使ったのは、人間の心理面を考えた時にこれだけでは足りない可能性があるからです。

例えば大きな元手でたくさん株を保有しても「数%株価が動いただけで保有者のメンタルが耐えられない」となればどこかのタイミングで投げ売りしてしまうかもしれませんよね。

したがって投げ売りを防ぐためにはリスク許容度を考えつつ、

  1. いくらでも長く待てるようなまともな株だけを買うこと
  2. 株価が下がった時に不安になるような株は買わないこと
  3. 上記を満たしていることを常に意識して気を強く持つこと

が必要ですね。

じゃぁまともな株というのはどういった株かと言いますと、やはり安定的なキャッシュフローが生まれていて財務面が問題ない会社だと思います。あとは株を買うタイミングですが、

  1. 時間を味方につける投資目線
  2. なるべく安くたくさんの株数を保有する

という条件を考えると全面安が連続するような雰囲気が悪い時期が最有力です。上記のような会社は「少しずつでも最高益を更新していく企業」という可能性が高いので、例え買ってから株価が下げても時間をかけて上場来高値を更新にきてくれると思います(つまり過去に買って保有した全員の買値より上)。

まぁ思惑ばかり先行して短期的に株価が何倍にも膨れあがった小型成長株のド天井付近を掴むとダメかもしれませんが、そうでない限りは遅かれ早かれ助かるでしょう。

株式市場の仕組みを考えても退場する状況というのは

  1. 自分から含み損に耐えきれなくなって売却する
  2. 保有株が突然倒産してゴミくず同然の価値になる

というパターンに大別されるので、「倒産確率が低い会社の株をなるべく多く投資目線で長く持つこと」がコツではないでしょうか。

まとめ

今回は退場を防ぎつつ爆益を得る方法を考察してみました。基本的には大きな元手で現物投資をすることが前提ですが、安心して長期保有するためにはまともな株だけ買っていくことも重要でしょう。ただし株を買うタイミングは経験値が物を言う可能性が高いので、元手を作りながら少しずつでも売買をしていった方が良いとは思います。

現行の仕組みだと少額投資ならSBIネオモバイル証券がおすすめです。1株単位で株が買えるので銘柄によっては数百円から売買の経験が積めます。

また、月額税込220円を支払えば1ヶ月の約定代金50万円以内まで売買手数料がかかりません。毎月定額で狙っている銘柄を細かく買い増しているという方も多いので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

参照リンク:SBIネオモバイル証券|サービス詳細