「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

必見!長期投資するならこのおすすめ銘柄買えばまず問題ない!

    

どうも、ひげづらです。

今回は私が自信をもっておすすめする投資信託の銘柄をご紹介します。

実際に私も毎日購入している銘柄なので長期投資するならぜひこれらの銘柄を買ってみてください。

投資信託のおすすめ銘柄の条件とは

投資信託の銘柄は実は数えきれないくらい多いんですよ。SBI証券なんかはほんとに取り扱い銘柄数が多すぎてどれ買えばいいんだか初心者にはわからないですよね。

しかし、実は投資信託で買うべき銘柄の条件は決まっています。

そしてこの条件に当てはまる銘柄は少ないのが現状です。投資信託の中には詐欺まがいのものもまれにありますから気を付けてください。

1)手数料が無料である

投資信託でよく言われるのが

リターンは未知数だが手数料や信託報酬は確定したコストである

ということです。つまり確実にリターンを蝕むものはなるべく最初から抑えましょうねってことです。

手数料が無料の投資信託をノーロード型投資信託と言います。

最近ではノーロードタイプの銘柄でないと人気が出ず資金も集まりづらい傾向があるので自分のコストの面でもリターンの面でも手数料無料は欠かせません。

ちなみに信託財産留保額も必ず無料のものにしてください。信託財産留保額が何かは知らなくてもいいです。

2)信託報酬が安い

これも手数料と同じく確定したコストですね。

信託報酬はファンドに対して運用してくれてありがとうとお金を渡すものです。

一般には0.5%が安いかどうかの基準となりますので最低でも0.5%以下のものを選びましょう。

最近では0.2%とか0.1%代のものがありますので今から始めるなら迷わずこれくらいの銘柄を選ぶこと。

3)インデックス型であること

投資信託の銘柄は

  1. インデックス型:日経平均やS&P500など経済指標の値動きにする連動
  2. アクティブ型 :ファンドが投資している個別銘柄の値動きに連動

の2つに大別できます。

厳密に言えばアクティブファンドの中にも優良と言えるものはあるんですが、それでも手数料や信託報酬の面でインデックスファンドには敵いません。

また、長期間の投資成績ではアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないという長年の結果から導かれる事実があります。

現在の成績がいいからといって資金の大半をアクティブファンドに回すようなことはせずインデックスファンドを選択するようにしてください。

4)再投資型投資信託であること

投資信託の大きなメリットの1つに「複利」という点があります。

複利とは簡単に言うと出た利益をどんどん投資に回していくことです。

分配金のように利益を資金から出してしまうといつまで経ってもお金は増えませんので必ず再投資型を選択して複利で利益が増えていくようにしてください。

5)純資産残高がある程度大きい銘柄

ファンドは投資信託を買ってもらうことで資金を得ます。この資金のことを純資産と言います。

純資産が大きいということはそれだけファンドにエネルギーがあるということであり人気、すなわち信頼もあるということになります。

一概には言えませんが純資産は30億とか50億とかあれば十分でしょう。

 

おすすめ銘柄

ではいよいよおすすめ銘柄の発表です。

1)eMAXISSlimシリーズ

とりあえず迷ったらこのシリーズを買っておけば絶対に間違いないです。

私はこのシリーズの先進国株式型をメインに8資産バランス均等型やちょっとだけ日本株の優良アクティブファンドを組み合わせて購入しています。

一番の特徴は他ファンドに比べて信託報酬が圧倒的に安いことです。

またファンドの母体もかなり大きなものでファンドにもバックにも潤沢な資金があるので安心感もあります。

今からつみたてNISAやiDeCoを始めるならこのシリーズがおすすめ。

※ iDeCoで考えている場合、このシリーズを取り扱っているのはマネックス証券だけ

マネックス証券公式HP

おすすめ証券会社についてはこちらを参考に。

2)大和iFree8資産バランス

eMAXISSlimシリーズはiDeCoの場合取り扱いがマネックス証券しかありません。

そのためeMAXISSlimシリーズの8資産バランスをポートフォリオに組み込みたくてもできない場合があります。

そんなときにその代替となるのがこの大和iFree8資産バランス。多少信託報酬など高くなりますが許容範囲なので問題はありません。

3)ニッセイ外国株式インデックス

同じくeMAXISSlimシリーズの代替です。

eMAXISSlim先進国株式の代替となりますので困ったらこれを買ってください。やはり信託報酬は多少高くなりますが問題ないレベルでしょう。

おすすめ銘柄の組み合わせ方

おすすめ銘柄をどう組み合わせるかは解説すると長くなるのでこちらの記事にまとめました。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はおすすめ投資信託の条件と銘柄を紹介をしました。

意外に少ないなと思った方もいるでしょう。そうです、自信を持っておすすめできる銘柄なんてこれくらいのものなんですよね。

特にeMAXISSlimシリーズが強すぎて他が霞んでます。ぜひ優良な投資信託で理想のリターンを得てください。それではまた!

 

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク