有利子負債自己資本比率とは?目安や確認方法まで解説!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

株式投資では財務安全性を考える場合、有利子負債がどの程度あるのかはまず気にするべき点です。

しかし、単純に有利子負債の額で多い少ないを判断するのではなく、会社の規模や自己資本がどのくらいあるのかが大事でしょう。

そこで登場するのが「有利子負債自己資本比率」という考え方です。

企業の財務安全性を測るための基本的な指標となりますのでぜひご活用下さい。

有利子負債自己資本比率とは

有利子負債自己資本比率は言葉の通り、「自己資本に対して有利子負債がどのくらいあるか」という意味合いです。計算式は

有利子負債自己資本比率(%)=有利子負債 ÷ 自己資本 × 100

となります。上記は%で表したものですが、単純に倍率で表したもので「D/Eレシオ」という考え方もあります。計算式は

D/Eレシオ(倍)=有利子負債 ÷ 自己資本

です。%か倍率かというだけで意味は変わりません。

有利子負債とは利子をつけて返済する義務がある負債のことですので、当然少ない方が良いですよね。

したがって有利子負債自己資本比率も少ないほど財務的に安全であると考えられます。

有利子負債自己資本比率の目安とは?適度にある方が好ましい?

有利子負債は要するに銀行などから借りているお金ですので、少ない方が良いでしょう。

しかし、企業がなぜお金を借りるのかというと「事業をより発展させるため」です。

このことから有利子負債は適度にあったほうが成長を見込めて良いという考え方もあります。また、金融機関と少しだけでも関係をつないでおかないといざというときに困るという経営者もいらっしゃいます。

個人的には一理あるなとは思いますが、やはりそれなりに少ないに超したことはありません。

したがって有利子負債自己資本比率の目安としては50%以下を財務的に安全だと考えています。50%以下であればすべて有利子負債を処理したとしても、自己資本の半分は残る計算ですね。

ネットD/Eレシオとは現金を加味した安全性を測る指標

自己資本という言い方では「株主から集めた資本」という意味合いでもありますが、企業は少なからず現預金を持っているはずです。

そこで、先ほどご紹介したD/Eレシオに現預金を組み込んだ考え方で「ネットD/Eレシオ」というものがあります。

ネットD/Eレシオの計算式は

ネットD/Eレシオ(倍)=(有利子負債-現預金)÷ 自己資本

となります。見ておわかりいただけるように、有利子負債から現預金を引いてあげることで現金を加味したリスクを測ることができていますよね。

もし有利子負債以上の現金を持ち合わせていれば、有利子負債は全て現金でいつでも払えますよという意味になりネットD/Eレシオは0になるわけです。

有利子負債はいつでも完済できるので財務的なリスクは少ないと考えられます。




有利子負債自己資本比率が低くても業績が伸びているかが大事

有利子負債自己資本比率でもD/EレシオでもネットD/Eレシオでもそうですが、結局は業績を伸ばしていけるかが一番重要です。

有利子負債自己資本比率が低いということは

  1. 自己資本が非常に大きい
  2. 有利子負債が少ない(もしくは0)

という意味ですよね。その状態で業績がうまく伸びていないということは

  1. 自己資本をうまく活用できていない
  2. 有利子負債を活用して事業拡大できていない

といった状況なのかもしれません。そういったケースでは

  1. 収益性指標を確認して効率的な経営がなされているか確認
  2. 自社株買いや増配、配当性向などの実績から株主還元しているか確認

といった流れになるでしょう。有利子負債自己資本比率がいくら低くても株主にとっては業績を伸ばしてくれる会社でなければ意味がないですよね。

有利子負債自己資本比率の見方、確認方法

そんな有利子負債自己資本比率はどのように確認するのでしょうか。方法は簡単で、証券会社のアプリから誰でも見ることができます。

楽天証券であれば指標ページの財務欄に・・・

このように掲載されています。また、四季報ページには自己資本や有利子負債の金額が・・・

このように掲載されています。楽天証券はこういった指標がわかりやすく一覧でまとめられているので非常におすすめです。

有利子負債自己資本比率と業績に加えて収益性も確認したい!となっても同じページ内で閲覧できて便利ですよ。ぜひご活用下さい。

 




まとめ

いかがでしたか?今回は財務安全性を測るための基本指標である有利子負債自己資本比率をご紹介しました。

業績や収益性まで含めて判断することがポイントですね。

関連記事にキャッシュフロー対有利子負債比率で借金の支払い能力が簡単にわかるよ!があります。

その他の財務安全性指標については財務安全性指標まとめ!株をやるなら倒産リスクを測るべし!でまとめています。こちらもぜひご参考下さいね。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク