浮動株比率の調べ方!イマドキ誰でも簡単に知れちゃうんです。

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

皆さんは「浮動株」という言葉を聞いたことがありますか?

株式会社が発行している株は、

  1. 特定株(固定株)
  2. 浮動株(流通株)

の2つに大別できます。

今回お話するのはそのうちの浮動株についてです。この記事では

  1. 特定株と浮動株の基本知識
  2. 浮動株比率の調べ方
  3. 四季報と東証の浮動株定義の違い

について書きましたので、ぜひご参考ください。

浮動株と特定株の違いとは

まず単語の説明からです。特定株と浮動株を簡単に説明すると、

  1. 特定株(固定株):上場株式のうち、創業者や役員などが保有する市場に出回らない株
  2. 浮動株(流通株):大株主のように安定した保有がなされない、市場に出回りやすい株

という感じです。

特定株とは長期的に保有され、市場に出回りづらい株

特定株とは簡単に言えば大株主たちが持っているような市場に出回りづらい株のことで、固定株とも言います。

特定株の主な保有先は

  1. 創業者やその親族
  2. 会社役員
  3. 信託会社
  4. 関連会社

などが挙げられます。

これらの人間が保有する目的としては

  1. 経営権の維持
  2. 一定の割合を保有して外部から会社を守る
  3. 顧客の長期的な資産運用
  4. お互いの株式を保有して、提携や信頼関係を結ぶ

といったことが一般的です。

こういった背景から長期的に保有されることがほぼ確定的であり、それらの株式が市場に出回ることは滅多にないと言われています。

個人投資家としても「経営陣がしっかりと保有している企業」というのは

  1. 経営陣のモチベーションが高い
  2. 経営権や会社としての安心感
  3. 外部企業からの防御力

といった意味で好まれますよね。

逆に言えば経営陣がすぐ売りに出して、株価に影響が出てしまうような企業は嫌われる傾向があります。

浮動株は市場に流通している誰でも持てる株のこと

浮動株とは市場に普段から流通しているような誰でも持てる株のことで、流通株とも言われます。

浮動株の主な保有先は株式市場に参加している個人投資家や機関投資家です。

私たちが日ごろ売買しているのはこの浮動株と呼ばれる株で、理論的には発行済み株式数から特定株を抜いた数が浮動株となります。

浮動株が少ないと

  1. 1株あたりのプレミアムが高く、値動きに与える影響が大きくなる
  2. 買い集めの標的となり仕手株化しやすい

といった特徴があります。

浮動株の定義とは

浮動株や特定株の基本的な説明は前述の通りですが、実は

  1. 四季報
  2. 東証

では浮動株の定義が異なります。

四季報の浮動株定義

四季報の浮動株定義は、「1単元以上50単元未満の株主が保有する株式数」というものです。

この四季報が算出する浮動株の特徴は

  1. 保有単元数で区切ることで少数保有を浮動株とみなす
  2. 浮動株に定義を設けて直接カウント

ということで、より市場実態に近い浮動株数を算出するためだと言われています。

外部参照リンク:四季報|浮動株比率

東証の浮動株定義

東証の浮動株定義は「大株主上位10名の保有株以外の株数」というものです。

東証の浮動株数の特徴は「浮動株ではなく固定株を算出して全体から引いている」ことでしょう。

ちなみに、大株主上位10名をなんでも固定株とするのではないようで・・・

東証が浮動株だと認めたものは除外されるようです。

外部参照リンク:東証|浮動株比率定義PDF

浮動株比率の調べ方

全体の発行済み株式数において浮動株がどれくらいの割合かを「浮動株比率」と呼びます。

浮動株比率は前述のような定義の違いから、どこで調べたかによって異なる特徴があるんですね。

浮動株比率の一般的な傾向として、

  1. 四季報の浮動株比率:実態に近いが過小評価気味
  2. 東証の浮動株比率:過大評価気味

と言われています。

四季報で浮動株比率を調べる方法

四季報の浮動株比率は、各証券会社から個別銘柄の四季報欄を見れば簡単に確認可能です。

例えば楽天証券であれば・・・

このように大株主情報欄に浮動株比率が掲載されています。

浮動株比率の調べ方はこの四季報欄を見るのが一般的で、最も簡便な方法ですので覚えておいてください。

東証で浮動株比率を調べる方法

ここまで紹介しておいて申し訳ないのですが、東証の浮動株比率はサービス終了のため知ることはできません。

ただし、TOPIXの構成銘柄であれば自分で算出することも可能です。

算出するためのデータは

  1. TOPIX構成銘柄ウェイト
  2. 基準時価総額・銘柄数

でエクセル取得できます。

四季報欄を見れば簡単に浮動株比率を知ることができますので、あまり自分で計算する機会はないでしょう。




まとめ

いかがでしたか?今回は浮動株や浮動株比率についてご紹介しました。

基礎的な知識ですので、ぜひ覚えてみてはいかがでしょうか。

株の基礎知識に関する記事には

  1. 株主構成の調べ方!ココに注目すれば関係性や信頼性が劇的にわかる!
  2. 時価総額目安と理論株価!ストップ高を絡めつつ詳しく解説!
  3. 単元未満株とは?おすすめから手数料、裏技まで全てを網羅だ!
  4. 株価は下がる・上がる時間帯がある!特徴を実際のチャートで解説!

などがありますので、こちらもぜひご一読ください。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク