「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識の全てを記事にしています。

アイランドリバーサルは強力な反転シグナル!窓開けを見逃すな!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

ローソク足の状況から値動きを見極めることは非常に重要ですよね。中でも反転タイミングを判断できたらこれほど嬉しいことはありません。

 

そこで今回は「アイランドリバーサル」という重要な反転シグナルをご紹介します。

 

信頼度の高い反転シグナルになりますのでぜひご活用下さい。

アイランドリバーサルは株価反転シグナル

まずアイランドリバーサルの定義を見てみましょう。野村証券からの引用です。

株価のテクニカルチャート(ケイ線、ローソク足)において、ギャップ(窓)を空けるように株価が上(または下)にジャンプした後に再度、下(または上)側にギャップを空けジャンプして戻る値動きをすることでできる離れ小島のように見える部分のこと。一般に、下落トレンドからの底入れや上昇トレンドでの天井にあたる相場の転換点として捉えられることが多い。

 

上記を図説したアイランドリバーサルのシェーマはこちら。

アイランドリバーサルのポイントは、

 

  1. 天井圏、底値圏で発生することが多い
  2. 上方向に窓開けしたあと、下方向に窓開けする
  3. 窓開けが連続することで単一もしくは複数のローソク足が分離されて離れ小島になる
  4. 単一、複数でも十字線系の拮抗を意味するローソク足が欲しい
  5. より大きなギャップほど信頼度が高い
  6. より小幅な十字線(コマ)ほど天底となりやすい

 

といったことでしょう。特に、図のように単発のローソク足で分離されることもあれば複数のローソク足で分離されることもあるので注意です。

 

複数ローソク足が分離された場合は気づきづらい割に信頼度が高い印象があります。信頼度が高まる理由としては「離れ小島の中で売買されたポジションは全て含み損になるから」でしょう。

 

単一よりも複数ローソク足が関わった方が損切りも多く出やすいというわけですね。ゆえに、窓開けをひとつ確認したあとに保ち値が続いた場合は「おや?」と感じるべきです。

 

その保ち合いのあとに逆方向の窓開けが生じたら反対勢力が勝った可能性が高いと考えられますので、ポジション調整が必要でしょう。

 

アイランドリバーサルの実例

では実際のチャートでアイランドリバーサルを見てみましょう。まずは比較的わかりやすいケースからご覧下さい。

 

 

これはボックス推移からブレイクしたあと、高値圏で巨大な足長同時線様のローソク足が出たチャートです。

 

この足長同時線様のローソク足は、

 

  1. ブレイクした先の高値圏で生じた、拮抗をイメージさせるローソク足
  2. 直近1週間の値動きに対する巨大包み線
  3. 短期的に急騰した後に発生した

 

という状況から一旦の調整合図だと予想できます。続きを見てみると・・・

 

 

急落して、中期線をギャップダウンで下抜けました。しかし、このときのローソク足はまたも足長同時線。

 

ギャップダウンで拮抗を意味するローソク足が発生したのでアイランドリバーサルになるか気になる状況ですね。では続き。

 

 

結局、翌日は横並びの陰線だったものの、そのあとはギャップアップ。そのまま高値まで戻す値動きとなりました。

 

今回は底値圏とは言えませんが、このようにアイランドリバーサルは重要な反転シグナルとなりやすいので窓開けを見たら注目してみましょう。

 

もうひとつだけ違う例を見てみます。こちらをご覧下さい。

 

 

これはボックス推移からブレイクしたあと、高値圏で複数ローソク足におけるアイランドリバーサルが発生しているチャートです。

 

図の青丸部分でギャップが生じて、直近一ヶ月ほどのローソク足が塊で孤立していることがわかります。

 

このチャートのポイントはやはりアイランドリバーサル直前の出来高推移でしょう。

 

特に矢印部分の出来高はかなり多いですが、該当ローソク足では全く上昇できていませんよね。

 

出来高がこれだけ盛り上がっても上がれないところを見ると、天井圏である可能性が高いです。

 

そのあとアイランドリバーサルが発生して・・・

 

 

結局暴落が生じ、赤枠部分のアイランドリバーサルが反転シグナルだったと明確になりました。

 

アイランドリバーサルとエントリーポイント

では、アイランドリバーサルを活用してエントリーや手仕舞いをするにはどうしたら良いのでしょうか?

 

アイランドリバーサルは基本的にギャップが2つなければ成立しないシグナルです。したがって、エントリーや手仕舞いを考える手順は

 

  1. 上昇や下落の先にギャップが生じたら警戒する
  2. 1つ目のギャップの先で保ち合いがあればポジション調整
  3. 2つ目のギャップでエントリーや手仕舞い

 

といった考え方になります。

 

もちろん2つ目のギャップで全てのポジションを手仕舞わなくても良いですが、アイランドリバーサル完成後の値動きで後悔しないような範囲で調整を行いたいですね。

 

アイランドリバーサルが否定されたら

アイランドリバーサルはテクニカル分析の一種なので、当然ダマシもあります。

 

もしアイランドリバーサル完成後に、離れ小島を越えるような値動きがあればそれはダマシの証拠です。

 

さらに言えば、強いシグナルが否定されたのですから、それを超える強い値動きがダマシという値動きで表われたと私なら考えます。

 

ゆえに新規でポジションをとったり、買い戻しを行う理由となるでしょう。

 

窓開けという性質上、時価総額が小さめの新興株では十分あり得ることですので意識して頂ければと感じます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は重要な反転シグナルであるアイランドリバーサルについて解説しました。ギャップを見たら

 

  1. 現在の価格帯がどれくらいか
  2. ポジション調整は必要か
  3. 1つ目のギャップ後の値動き
  4. 2つ目のギャップがくるか

 

といったことを意識していきましょう。

 

ちなみに窓開けの基本については株の窓開けと窓埋めとは?考え方や対応をわかりやすく解説!で解説していますのでこちらもご参考ください。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク