「ブログ全体でひとつの教科書」というコンセプトのもと、初歩から応用まで株式投資に必要な知識を記事にしていきます。

株ドラゴンの使い方!出来高急増ランキングでスクリーニングする手順!

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

以前書いた記事の中で「株ドラゴン」というサイトをご紹介しましたが覚えていらっしゃいますか?

株ドラゴンは証券会社が提供しているスクリーニング機能とは違った角度で銘柄スクリーニングができる無料サイトです。

登録も必要なく、誰でもすぐに使えるので銘柄スクリーニングに株ドラゴンを活用している方も多いですよね。

今回はそんな株ドラゴンを活用した銘柄スクリーニング方法をご紹介します。

売りでも買いでも活用可能ですが、空売りの場合は特有のリスクもありますのでご注意ください。

株ドラゴンの使い方!出来高急増ランキングとは

株ドラゴンの狙い目系株式ランキングという欄に「出来高急増初動銘柄ランキング」というものがあります。

これは読んで字のごとく出来高が急増した銘柄をランキング形式で羅列してくれる機能ですね。

このランキングの良いところは

  1. 出来高急増で動意づいた株を簡単に見つけられる
  2. ローソク足の条件を組み合わせることで需給の転換点を絞り込む

ということが可能な点でしょう。使い方を考える上でもこういった点を意識すると良いですね。

例えば、出来高急増ランキングに「下ひげ陽線」の条件を組み込んであげれば「出来高急増で長い下ひげを引いた銘柄」がヒットするスクリーニング条件となります。

長いひげというのはローソク足におけるひげの見方!特に長いひげに注目しよう!で解説したように値動きの転換点となりやすい価格帯を示していますよね。

ゆえに、ヒットした銘柄の中から「出来高急増下ひげ銘柄」を探し出して、下ひげ部分を目安に指し値買いを入れておけば値幅が取りやすいと考えられます。

これは後述するように上ひげ陰線でも同様のことができ、その場合は「空売り目線での銘柄スクリーニング」という使い方です。

売り目線と買い目線どちらでも株ドラゴンを利用できますが、いずれもヒットした全ての銘柄を拾い上げるのではなく、

  1. なるべく直近水準で大きな出来高となっているもの
  2. 直近の値動きでも同じ価格帯で転換しているもの

などを意識した使い方になります。

出来高のコントラストがついているほどそこに「しこり」ができやすいですし、同じ動きを直近の値動きで確認できれば再現性が上がるからです。




株ドラゴンの使い方!出来高急増ランキングで銘柄スクリーニングする手順

では株ドラゴンにおける出来高急増ランキングの使い方を見ていきます。まず以下のリンクから株ドラゴンにアクセスしてください。

株ドラゴンに入るとトップページに色々なランキングが羅列されていますので、中盤にある「出来高急増初動ランキング」をクリック。

このランキングは活用している方がかなり多そうなランキングで、今回の株ドラゴンの使い方の核となるものですね。

出来高急増初動ランキングの中に入るとさらにローソク足を選ぶ欄が上の方にあります。

株ドラゴンではローソク足の条件まで組み込むと、好みの銘柄をヒットさせる使い方ができますので覚えておきましょう。

今回は執筆時点での地合が不安定ですので、売り目線での銘柄スクリーニング例を解説します。

したがって、空売りできるような銘柄をヒットさせるためにローソク足条件の中の「上ひげ(陰)」を追加条件とする使い方で話を進めますね。

ちなみにこのローソク足の条件は好みもありますので、

  1. 陽陰指定なしの上ひげ
  2. トンカチ
  3. トウバ

などで代用してもかまいません。また、買い目線の際は下ひげやカラカサ、トンボを追加条件とする使い方になるでしょう。

銘柄スクリーニングを実行すると・・・

このような形でヒットした銘柄が一覧表示できます。

デフォルトは銘柄名の羅列ですが、ページ上部にある表示方法を「株価チャート」にするとこうなりますよ。

また、当日に目ぼしい銘柄が無かった場合はページ上部にあるカレンダーをクリックすれば過去の検索結果も確認できます。

株ドラゴンはこういった

  1. 株価チャートの一覧表示
  2. 過去の検索結果から洗い出す

という使い方も人気です。

ヒットした銘柄は「株ドラゴン」や「空売り指し値中」など適当に名前をつけてリスト化しておきましょう。

ただし、くれぐれも先ほど申し上げたような点に気をつけて銘柄選定を行ってくださいね。




株ドラゴンで出来高急増銘柄を見つけたら指し値を入れてみよう

株ドラゴンで出来高急増上髭銘柄を見つけたらなりふり構わず空売り!・・・なんて使い方はせずしっかりと指値を入れて売買をします。

今回は例として、上記の手順でこんな出来高急増上ひげ銘柄をすくい上げたとしましょう。

(あくまで例であり考え方を説明しています。)

このチャートの特徴は

  1. 過去の値動きの中にも2200円~2300付近で出来高急増上ひげあり
  2. 25日出来高移動平均線と比較して大きい出来高での上ひげ陰線

という点です。

2200円~2300円付近で何度も売られていることから、このあたりには需給が転換するような価格が含まれていそうだなと予想できますね。

実際に今回も出来高急増上ひげが発生しており、この上ひげの内部に空売りポイントを設けたいわけです。

やり方としては

  1. 上ひげのど先端(最高値)
  2. 上ひげの上3分の1くらい
  3. 上ひげの上半分くらい

などを目安に指し値売りを入れる方法があります。一気に売らずに段階的に指値を散らしておくと良いですね。

上ひげを引いた翌日から下がってしまうこともありますが無理に追わず、売りたい価格(指し値価格)までくるのを待ちましょう。

また、指し値を入れずとも怪しいなと感じる価格の少し手前に株価アラートを仕掛けておけば、日中値動きを見ながら売ることも可能です。

株価アラートの使い方については株価アラートを超実践的に活用!アプリでも簡単にできちゃうよ!をご参考ください。

イメージとしては・・・

この青枠内の陰線のように「赤枠内の上ひげ半分ほどまで食い込む値動きを待ってから指値売りする」のが理想ですね。

今回の例では上髭半値と2200円の節目が近いですし指値も考えやすそうかと思います。

このように株ドラゴンの出来高急増ランキングをローソク足条件とともに活用することで、空売り銘柄を探す使い方も可能です。ただし、

  1. 慌てずに売りたい価格にくるまで指し値で待つ
  2. 空売りは欲張らずに短期で値幅を取るようにする
  3. 空売り対象銘柄かどうか
  4. 特別空売り料や逆日歩がないか
  5. 板薄で売りづらくないか

といったことは忘れず確認してくださいね。長い下ひげでも同じようなことができますし、現物買いトレードができるので無理して空売りしなくても良いです。

また、必ずうまくいくわけではないので損切りラインをどこにするかはあらかじめ考えておきましょう。




まとめ

いかがでしたか?今回は株ドラゴンの「出来高急増ランキングとローソク足条件を組み合わせた使い方」をご紹介しました。

他にも色々なパターンがありますので、お時間があるときに株ドラゴンをいじって遊んでみてはいかがでしょうか。

関連記事として

  1. 株ドラゴンでIPOのミニチャート一括表示!チャート形状選別で勝つ!
  2. 株ドラゴンの「年初来安値からの上昇率ランキング」を活用しよう!
  3. 株ドラゴンチャートの見方知ってますか?便利な機能をご紹介します。
  4. 株ドラゴンの買いシグナルやゴールデンクロス直前銘柄を活用しよう!
  5. 株ドラゴンで新高値チャートを簡単チェック!上がっている銘柄を買おう。

がありますのでこちらもご参考下さい。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク