出来高が多い少ないの目安

出来高が多い・少ないの目安を視覚化しよう!再現性ある基準が大事です。

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

よく「出来高が急増した!」とか「出来高が激減した!」なんて言いますよね。

株トレードでは出来高の増減がかなり重要で、大口約定があったかどうかを知るための唯一の指標と言えるでしょう。

だからこそ多くの方が出来高に注目し、その増減によって売買判断を下しているわけです。

しかし、「出来高がどれくらいになれば多い・少ないと言えるのか目安を明確に持っている」という方は意外にも少ないかも。

そこで今回は「出来高が多い・少ないの目安を視覚化する」という方法をお伝えします。

明確に出来高が多いのか少ないのか判断する目安を持っておくことは非常に良いことです。

ぜひご参考ください。

出来高が多い・少ないの目安とは

結論から申し上げますと、出来高が多いか少ないかは「出来高移動平均線」を目安にします。

出来高移動平均線とは・・・

図のように、出来高と一緒に表示されている移動平均線のことです。

移動平均線というくらいなので、

  1. 任意期間を設定し、その期間での平均値推移を教えてくれる
  2. 傾きが方向性やトレンドを表す
  3. 複数期間を設定することで短期~長期の推移変化がわかりやすくなる

といった特徴があります。

一般的には25日出来高移動平均線を活用されることが多く、出来高が多い・少ないは中期推移である25日出来高移動平均線を基準に考えるのがおすすめです。

出来高は銘柄(時価総額)や株価位置などによって大きく変わりますが、出来高移動平均線よりこれくらい多い・少ないと条件を設ければ客観的に判断できるメリットがあります。

例えば、

  1. 25日出来高移動平均線に対して3倍以上の出来高を多いと判断
  2. 25日出来高移動平均線に対して半分の出来高を少ないと判断

という具合に、そのときの水準に合わせて判断することが可能です。

出来高移動平均線はスマホでは出せないこともありますので、PCツールで見てください。

楽天証券が提供している無料PCツール(マーケットスピード2)の場合、

  1. チャート上で右クリックしてオシレーター系から出来高を選択
  2. 再度、チャート上で右クリックしてチャート設定
  3. 出来高を選択して移動平均線を任意条件に設定

とやれば出来高移動平均線が表示されます。

出来高移動平均線は・・・

出来高移動平均線の設定

図のように最大で3つ表示できます。

色や太さも変更できるので、自分好みに設定してから出来高目安として活用しましょう。

<関連記事>

出来高が多い・少ないの目安は期間ごとでも考えられる

出来高は同一銘柄であっても数か月前と全く水準が異なることがあります。

例えば・・・

こんな感じで、短期間のうちにあれよあれよと水準が上がってしまうこともあり得るわけです。

例えば25日出来高移動平均線の〇倍を多い目安としていても、こういった場合ではうまく機能しないこともあり得ます。

この対策は「短期の出来高移動平均線を併せて基準とする」ということです。

出来高移動平均線の設定期間例

出来高移動平均線は短期~長期まで3本設定できます。

日足の設定例としては

  1. 5日
  2. 25日
  3. 50日

が挙げられます。

株価が動意づいた直後に出来高水準を考えるのであれば短期を目安とすれば良いでしょうし、株価が大きく上がった後であれば長期が参考になりますね。

出来高がどこまで増えるのかは中々判断が難しいですが、人気のバロメーターには変わりありません。

出来高が爆発的かつ持続的に増えた後にくる大陰線などには気をつけましょう。




まとめ

いかがでしたか?今回は出来高が多い・少ないの目安として出来高移動平均を活用することをお伝えしました。

出来高移動平均線は株価の移動平均線と同じような使い方ができるだけでなく、出来高水準の目安ともなります。

出来高移動平均線を基準に目安を考えると、状況にあった判断がしやすくなるでしょう。

出来高移動平均線を活用できる無料PCツールではマーケットスピード2がおすすめです。

関連記事や公式ホームページでも機能について詳しく解説していますのでご一読ください。

その他の出来高関連記事には

  1. 出来高の先見性とは?具体的なパターンとポイントを図説!
  2. 価格帯別出来高の見方や使い方!意味を知って正しく活用しよう!
  3. 株の出来高とは?分析の本質を知ると値動きの意味がわかります。

がありますのでご参考ください。それではまた!

    

出来高が多い少ないの目安
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク