株ドラゴンで新高値チャートを簡単チェック!上がっている銘柄を買おう。

    

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

株の世界では「新高値」に特別な意味を見いだすことができます。例えばずーっと高値でもみ合っていた銘柄が高値をブレイクしたときには

  1. チャート上で売り手が負けて、新たな上昇相場が始まる可能性
  2. 企業の業績が最高益を更新することを株価が先見した

などの考えが有名です。

いわば強い値動きにある状態なのでぜひとも乗りたいわけですが、上昇トレンドの銘柄をひとつずつ新高値かどうか調べていくことは非常に大変ですよね。

そこで登場するのが株ドラゴンという銘柄スクリーニングサイト。

株ドラゴンでは「新高値銘柄」や「年初来高値更新銘柄」をワンクリックで探すことができます。株ドラゴンの新高値銘柄スクリーニングを使えば

  1. 上がっている銘柄を素直に買う
  2. 保ち合いをブレイクした銘柄に乗る

ということが簡単にできますのでぜひご活用下さい。

株ドラゴンの使い方!新高値チャートを簡単スクリーニング!

株ドラゴンで新高値銘柄や年初来高値子往診銘柄を探すにはまず以下から株ドラゴンにアクセスします。

するとこんな感じで新高値更新銘柄たちがずらりと出てきます。

株ドラゴンではワンクリックでここまで新高値銘柄のチャート確認が行えますので、あとはお好みのチャートで順張りするだけです。

当たり前ですが、新高値銘柄や年初来高値更新銘柄は大体が上昇トレンドです。

ゆえにどれも買いポジションで順張りするにはもってこいの銘柄達ですが、以下のような注意点があります。

  1. 長い上ひげや大陰線で高値更新しているものは警戒
  2. 高値更新とはいえ飛びつき買いしてよいわけではない
  3. 保ち合いを明確にブレイクしているか確認

長い上ひげや大陰線で高値更新しているものは警戒

新高値を更新した銘柄ということは、裏を返せばかなり高い価格帯で株価が推移しているということでもあります。

ゆえにそんな高値圏で長い上ひげや大陰線で売りを目撃した場合は警戒が必要です。

特に出来高が伴っているような信憑性の高いローソク足では大暴落とならずとも、一度株価が下がることも多いですね。

例としてはこんなチャートです。

このチャートは長いこと上昇トレンドを維持して高値更新を継続してきましたが、チャート右側では最大出来高で長い上髭を引いていますよね。

上髭の直前出来高も塊で盛り上がっていますし、ここはターニングポイントになりそうな予感がします。

新高値更新で買いポジションにエッジがあるからとこのスクリーニングをしていましたよね?

それなのに、どう転んでいくかわからないこのタイミングでリスクを取るべきかというお話になりませんか?

選択肢としては

  1. 今すぐ買う!
  2. 買いを見送る
  3. 売り目線で考えてみる
  4. 下げてから買う

といったことが思い浮かびますが、ここでは一番以外をおすすめします。

一度様子を見て、もう一度「買いポジションにエッジがある」と確信できてから買うようにしてください。

高値更新とはいえ飛びつき買いしてはいけない

先ほどの内容と重複しますが、高値圏で飛びつき買いすることは非常に危険です。

これは初心者さんがよくやる投資行動で、「ジャンプキャッチ」なんて表現で比喩されるほど。

新高値で買う理由に

  1. 高値で買ってもっと高値で売る
  2. 新たな上昇が始まる瞬間を捉える

といった背景があります。

株価が上がるから(上がっているから)買うことは順張りとして当然の行動なので、これはある程度は仕方のないことでしょう。

しかし、株価の水準が現状でどの高さにあるのかは気にしたほうが良いでしょう。

  1. 初動からどのくらい経過していて、直近の値動きはどんな感じか
  2. 長く上げているとすれば調整は入りそうか
  3. そこからもっと株価を上げていくような材料があるか

といったことも考えつつ判断しましょう。

保ち合いを明確にブレイクしているか確認

株価が上がってくると調整の意味を込めて株価が保ち合う期間が出てきます。

原理的にはその保ち合い部分を突破して、新高値を更新すると「売りと買い勢力の整理がついて株価の調整が完了した」と判断するわけです。

しかし、この保ち合い突破の判断は誰もが同じ判断ができるような値動きである必要があります。

わかりやすく言えば、保ち合い部分の高値が1000円だとしたら1005円とか1010円は誤差範囲です。

もっと1080円とか1100円のような、保ち合い高値を明確に超えてくるような動きをブレイクだと考えます。

チャートで言えば、

こんな感じの保ち合いを明確にブレイクしたチャートですね。また、ブレイク後は・・・

このように下げてくることも多いので、ブレイクラインを意識しながらじっくりと相対的に安い買値を狙うことをおすすめします。




まとめ

いかがでしたか?今回は株ドラゴンで、「新高値および年初来高値更新銘柄」をスクリーニングするコツについてお伝えしました。

新高値を更新しているチャートは順張りするのに最適です。

上がっているチャートを素直に買うと負けにくくなりますので、ぜひご活用ください。

関連記事として

  1. 株ドラゴンの使い方!出来高急増ランキングでスクリーニングする手順!
  2. 株ドラゴンでIPOのミニチャート一括表示!チャート形状選別で勝つ!
  3. 株ドラゴンの「年初来安値からの上昇率ランキング」を活用しよう!
  4. 株ドラゴンチャートの見方知ってますか?便利な機能をご紹介します。
  5. 株ドラゴンの買いシグナルやゴールデンクロス直前銘柄を活用しよう!

がありますのでこちらもご参考下さい。それではまた!

    

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク